【ネタバレなし】彩雨が劇場場「GODZILLA 怪獣惑星」を見てきた話


今日は劇場版の「GODZILLA 怪獣惑星」を見てきました。アニメ版ゴジラですね。

画像はオフィシャルサイトより。

できるだけネタバレしないよう、感想を。

スポンサーリンク



アニメ映画、豪華な布陣

平日昼間ということもあってか、かなりガラガラでしたね。まぁそりゃそうかもしれませんが。劇場には豪華声優陣のサイン入りポスターもありました。

そして、なんか特典でちっちゃいゴジラもらえました。

声優さんもけっこう豪華ですが、脚本(※最初監督と書いてましたが、脚本と指摘いただきました。すいません!)もまどマギやFateシリーズでおなじみの虚淵玄氏です。

映画を見終わって…!

内容は、SF要素満載のもので、映画版ゴジラとは違う世界観のものです。アニメ特有の派手なアクション、さらにはめちゃくちゃ強いゴジラと、特撮ではできない表現でゴジラを描いています。

虚淵監督はわりと鬱エンドな作風が特徴的で、今作も鬱シーンもちょこちょこあります。また、翠星のガルガンティアや楽園追放のように、SFだけどまた一味違うSFさがあって、このあたり虚淵作品っぽいなと思いました。

映画的にどうかというと、おもしろかったですよ。続編があるみたいですが、続編もみたいなと思いました。

ただゴジラ特有のパニックさや絶望さがあまりちゃんと描かれてなくて、主人公の怒りばかりがフューチャーされ、怒る気持ちもわかるのですが、このあたり駆け足でしたね。ちょっと時間をショートカットしすぎな感はありましたが、まぁこのあたりは大人の事情ですかね。

90分弱の映画ですが、内容的にはこの90分を30分×12話でテレビ放送してちょうどいいんじゃないかという感じでした。登場人物の名前が頭にまったく入ってないんですよね。

ネタバレなしなので、この辺にしときます!

長いエンドロールのあとに自作へと繋がりそうなシーンがありまして、このあたりからさらに虚淵作品っぽさがより強くでてきそうだなと思いました。

次はスター・ウォーズ見るかな!

スポンサーリンク
スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク