最近読まれている記事

衝撃!古いiPhoneの動作が意図的に重くされている事実


APPLEが劣化したバッテリーを搭載したiPhoneの性能を意図的に落としているという問題が発覚してからけっこう立ちました。なかなか衝撃的なニュースでもあります。

スポンサーリンク

長く使うとiPhoneの性能が落ちる

iPhoneは劣悪な環境下で電子機器を守るために自動的に電源を落とすということがあります。今回はいうほど劣悪な環境下というほどではないと思いますが、頻繁にシャットダウンがされないようにバッテリーが古くなったiPhoneの性能を意図的に下げるということですね。

海外では集団訴訟も起きているというこの問題。場合によっては、買い替え促進のために意図的にやっているんじゃないかと言われても仕方のないことです。ユーザーが自分の責任でこの機能をオンオフできたり、そうでなくとも説明してバッテリー交換を促せばよかっただろうと思いますので、このあたりはAPPLEの説明不足であるといえるでしょう。

以前は都市伝説でソニータイマーなんて言葉もありました。長く使うと家電がオートで壊れて買い替えを促すというアレです。

家電は性能がよくなればよくなるほど壊れにくくなり、長く使えるので逆に自分たちの首を締めるという矛盾があるので、難しいですよね。ユーザーとしてはもちろん壊れないものを作ってもらう方がありがたいわけですが。

古いiPhoneを長く使うために

バッテリーを交換すればiPhoneの処理速度があがるのか、という問題ですが、おそらく上がるのでしょう。二年縛りといった携帯会社との契約がないのであれば、できれば長く使いたいものです。だいたい2年も使えばバッテリーは十分ヘタっているので、選択肢として機種を変えるかバッテリーを変えるか、という感じですね。

よほどのゲーマーか、よほどマニアックなことをする人じゃない限り、型落ちのスマホでも十分使えるものです。しかし、日本の携帯会社は二年縛りの契約で、二年後に機種変更するほうがお得になるような契約となっているのが一般的です。これは本当によくできた契約ですね。昔の携帯ですと二年も経てばかなり性能が上がったので当たり前のように機種変更していましたが、彩雨さんの実感ですと最近はそうでもないなと思っています。まぁ、そんな彩雨さんも、ちょっとヘビーユースなものでさすがに次のタイミングで機種変更しようかなとは思ってますけどね。

バッテリーの状態は調べられる

このiPhoneの性能とバッテリーの問題、一応今後もこのままの状態で続くそうです。古いiPhoneを使っていて動作が重いなぁと思ったら、まずバッテリーの状態をチェックするのがいいでしょう。iPhoneでしたらBatteryLifeというアプリで調べられます。バッテリー交換自体は公式でもできますが、町によくあるiPhoneの修理屋さんでも安くやってもらえますよ。まぁ公式じゃないので、そういうの気になる人は公式に行ったほうがいいですし、また最新の報道によると公式でもバッテリー交換が安くなるとのことです。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする