最近読まれている記事

QUESTIONより:彩雨さんの寿命はいつまで?


QUESTIONより

寿命がわかるという、テロメアテストがありますが、 アヤメさんは自分の寿命を知りたいですか??


寿命、あまり考えたことのないことでした。しかし、興味深いテーマだなと思います。

スポンサーリンク

いつ死ぬかわからないから人生は面白い

人間、いつか死ぬものです。これまで一体どれだけの人間がこの地球に生まれたのか知りませんが、人間の死亡率は100%です。死ぬのが人生のゴールかどうかは別としても、死というのは人生にとって大きなメインイベントであることには変わりませんね。

まぁちょっと難しいですが、作る曲は遺作のつもりで、撮ってもらう写真は遺影のつもりで、そんな風に思っている時期もありました。まぁ今でも心のどこかでちょっとそう思ってますけどね。志半ばで命を落としてしまう方も残念ながらいらっしゃいます。自分がそうならないという保証もなく、その時に悔いが残らないよう、人生は常に全うしたいなと思っています。

もし寿命を知って、たとえそれが来週でも来年でも100年後でも、生き方、考え方は変えなくてもいいようなスタイルで行きたいものです。

しかし、いつ死ぬかわからないからこそ、人生というのは面白いもの。寿命を知るというのはもしかしたらナンセンスなのかもしれません。

でも寿命は知りたい

もし封筒に自分が死ぬ日時が書いてあり、開けるもそのまま見ないで捨てるのも自由、という状況があるとします。そしたら、間違えなくその場で開けます。さっき「いつ死ぬかわからないから人生は面白い」なんて言っておきながらなんですが、もしそんな状況にあったら今後の人生いつも”死”が隣り合わせになりそうです。毎日「いつ死ぬんだろう」とびくびくしながら生きるハメになりそうですからね。そうだったら、死ぬ日時をきちんと把握してガツンと生きたいです。

まぁ、そんなのそれこそデスノートの世界ですよね。現実的にはありえないことです。なので、自分の寿命がいつかというのは普段は考えたことありません。

テロメアは気にしてない

テロメアというのは、ざっくりいうと細胞分裂の回数の残り回数を示すようなものです。人間は老化しますが、世の中のすべての生物が老化するわけではなく、突然細胞分裂を止めて死ぬ生物もいるようです。単細胞生物はそういう感じみたいです。あまり詳しくなくてすみません。微妙に違ってたらごめんなさいね。

テロメアに関しても、特に気にしてないです。細胞分裂が止まればもちろん死ぬという形になりますが、それ以外にも死ぬ要素はたくさんありますからね。もっとも、それは人間のいわゆる老衰の年齢がなんとなく予想できるからそう思っているだけかもしれません。もちろん病気で早く老衰してしまう人もいますが、おおむねだいたい同じくらいですよね。もし人間の老衰(つまりテロメアの長さ)がかなりまちまちで、それが30歳な人もいれば100歳の人もいるような世の中だったら、さすがにテロメアを気にするでしょう。

まぁ、人事を尽くして天命を待つ、なんて言葉もありますからね。今は天命のことより、人事を尽くすことですね!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする