最近読まれている記事

スポンサーリンク

QUESTIONより:Googleを脅かす検索エンジンが…!!


QUESTIONより

以前サラリーマン川柳で「オレのボス ヤフーでググれと 無理を言う」というのがありましたが、これだけYahoo!が認知されていてもヤフるとは聞かないですよね?彩雨さんもよくGoogle先生に~とかおっしゃってますがこの先も検索エンジンはGoogleなのでしょうか?


たしかにググるといいますが、ヤフるとはいいません。

なぜでしょうね。

まぁぶっちゃけ、ググるというのは「検索する」という意味になっていると言ってもいいでしょう。ウォークマンがSONY製の音楽再生機器を指す言葉なのにも関わらず、世間一般では他社製品もひとまとめにウォークマンと言ってしまうのと同じですね。

彩雨さんも、「Google先生に~」といってもYahooで検索していることもあるかもしれません。無意識でした。

スポンサーリンク

選択肢の少ない検索エンジン

日本ではYahooの影響力が強いと言われていた時代もありました。しかし、日本人も7割弱の方がGoogle検索をしていると言われています。

ちなみに、彩雨さんはよくYahooを見ます。Yahooの関連サービスもよく使います。しかし検索はChromeのアドレスバーでやるので、Google検索のほうがよく使っているかもしれません。でもYahooで検索することもあります。

そこまで普段は意識してないですね。というか、YahooってGoogleの検索エンジンを使ってるので、まぁぶっちゃけ基本的には同じなんでしょうけどね。

Yahoo、Googleの他には、Bingがあります。マイクロソフトがやっている検索エンジンです。

いろんなポータルサイト、検索サイトがありますが、だいたいどれもGoogleの検索エンジンを使うようになってるみたいですね。

昔はODiNとか千里眼とか、日本独自の検索エンジンもありました。懐かしいですね。

画期的なGoogle

Googleのすごいところは、文字で検索するわけですけど、重要なサイトと重要でないサイトを独自のアルゴリズムで判断し、検索順位を変える仕組みを取っていることです。

そのため、検索の精度も高いです、

ホームページ制作者は、逆にGoogleで上位に検索で引っかかるようにSEO対策するということもされているくらいです。

実は数ある検索サイト、ポータルサイトの中でGoogleは決して新しい会社ではありませんでした。2000年代になってからGoogleは一気にシェアを取るようになっていきます。今や、世界の中でもトップレベルのIT企業です。

将来はどうでしょう

今の段階でGoogleエンジンに迫るほどのライバル会社は存在しないように思えます。Bingも、マイクロソフトという後ろ盾があるのでそこそこの知名度があるのかなと思いますが、今後はどうでしょう。

Googleは多くのサービスもあります。AndroidというOSまで持ってます。そのライバルであるAPPLEのiOSでさえ、検索エンジンはGoogleと提携しています。

圧倒的にGoogleが強いです。

将来のことはもちろんわかりませんけどね。まぁここまでネット文化も多様化してしまうと、ただ検索エンジンでサービス始めました!みたいな感じで対抗するのは難しいのかなと思います。

もし今後爆発的なシェアを握るOSを開発する会社がでたとして、もしかしたらそこが検索エンジンを作ればそこそこシェアを握れるかもしれません。しかし爆発的なシェアを握るWindowsがありながらも、ではBingをみんなが使うかというとそうでもないです。なので、それも難しいのかな。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする