最近読まれている記事

スポンサーリンク

まさに現代のゴールドラッシュ?仮想通貨ブームでアレが足りなくなりそう第二弾


前に、仮想通貨のマイニングの記事を書きました。

ツルハシビジネスなんて言葉があります。 好景気になっている分野で、そのもので勝負するのではなく、そのインフラで勝負するようなことをいい...

このマイニングは、世界中で大ブームとなっています。

そのような中、アイスランドで、マイニングの電力使用量が家庭の電力消費量を上回ったそうです。

アイスランド、ビットコイン・マイニングの電力量が家庭の消費量を上回る(BUSINESS INSIDER JAPAN) – Yahoo!ニュース

スポンサーリンク

マイニングに向いている地域

仮想通貨のマイニングには、パソコンを使います。そのため、マイニングに向いている地域と向いていない地域があります。

具体的には、電気代が安い地域、そして寒い地域、ちゃんとネットワークのインフラが整っている地域が向いています。なぜ寒いところがいいかというと、パソコンを常時動かしっぱなしにしているので、熱くなります。そのため、寒いところのほうがパソコンへのダメージが少ないのです。

これらの条件に当てはまっている国の一つがアイスランドです。

それにしても、家庭の電力量を上回るってすごいですよね。仮想通貨がブームになる前と比べて、圧倒的に電力使用量が増えているということです。発電所とか大丈夫なのかな。

クラウドマイニングも後押しに

仮想通貨ブームに乗って、クラウドマイニングというサービスが増えています。自分でマイニングをするわけではなく、巨額の投資で大規模なマイニングをしているサービスに投資をし、その配当をもらうということです。自分でパソコンを用意したり電気代を払わなくていいということで、簡単にマイニングに参加できます。まぁ、お金払って、お金が戻ってくるだけです。

こういった大規模なマイニングは、アイスランドのようなマイニングに適した国にドーンと設備を構えてやっているみたいです。なので、アイスランドの国の人たちがたくさんマイニングしてる、というわけでもなさそう。

消費電力は大丈夫なのかな

中国でもマイニングによって消費電力量が増えているというニュースもあります。世の中的に反原発の流れもあり、どうやって莫大な電力を確保するかも課題の一つになっています。そんな中、思わぬ消費電力をするものが登場してしまいました。そんな環境問題にも直結するほどの仮想通貨ブーム。こういった部分にも注目しながら考えてみたいですね。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする