最近読まれている記事

スポンサーリンク

彩雨さんが中目黒で興奮した話


先日、中目黒のドン・キホーテで面白いものを見かけました。

やけにピアノの音がなるドン・キホーテだなと思ったのですが、なんと階段がピアノになっていたのです。

これがなかなか面白くて、いろいろ上がったり下がったりしながら検証してました。人が少ない時にしたというのは言うまでもないことですが。

動画でも撮ればよかったなと思ったのですが、さすがに知らん人を撮影するわけにもいかないので、YouTubeでオフィシャルがアップしていたものもあったので、紹介しますね。

スポンサーリンク

ピアノと階段

ギターなどと違い、ピアノは1音と1鍵盤が対応しているタイプの楽器です。左から右へ音階が上がっていきます。

これらの特徴を踏まえ、ピアノと階段のコラボレーションはたびたび見られます。

こちらは、ソウル市内にあるピアノ階段。光るのでわかりやすいですね。

こちらはイスタンブールにあるピアノ階段。逆側にも鍵盤があります。行ってみたいものです。

また、もうリニューアルしてなくなってしまったようですが、ディズニーシーのビックバンドビートでも、「アイ・ラブピアノ」でピアノと階段のシーンがありました。

階段をピアノにする意味はあるのか

では、階段をピアノにする意味はいったいなんなのでしょうか。
皆がエスカレーターではなく、階段を選ぶようになった『実験』がおもしろい!

こちらの記事には階段をピアノにすることで、エスカレーターから階段を使う人が増えた、という話がありました。

とはいえ、中目黒のドン・キホーテについては階段しかないところですしね。

まぁぶっちゃけいうと、階段をピアノにする意味ってないんですよ。

ただ、なんか楽しいじゃんってね。それだけでいいのかなと思います。こういうのって理屈ではない!

階段を降りる人と上がる人が両方いると、ちょっとそれだけでそれっぽく聞こえます。なかなか面白いものですよ。

レコード会社とか音楽事務所とか、こういう試みしたらいいのにね。こういう無駄そうに見える遊びって大好き。何事も遊び心が大切。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする