最近読まれている記事

スポンサーリンク

あれ、もう3月だ!どうして2月は短いの?その知られざる理由に迫る!


あっという間に3月になってしまいました。早いものです。早いって、それはそう。2月は28日までしかありませんからね。

子供のころから、当たり前のように2月は28日まで、よくよく考えると不思議なものです。毎月の給料制だと、2月は得した気分になるものです。時給制、日給制だと、2月は日数も少ないので損した気分になりますね。家賃とかは2月だからといって安くなりませんからね。

スポンサーリンク

昔は1年は10か月しかなかった?

というわけで、ちょっと調べてみました。なぜ2月は短いのか。超ざっくりと解説します。

時代は古代ローマ、暦というものが生まれた時代までさかのぼります。当時はまだ1年間は10か月+αでした。紀元前753年という、はるか昔の話です。

注意したいのは、1年の始まりは1月ではなく、3月でした。ここが昔の考え方の違いです。作物が芽吹くのが春だからといわれています。

当時は1月、2月がなくて、

3月→31日

4月→30日

5月→31日

6月→30日

7月→31日

8月→30日

9月→30日

10月→31日

11月→30日

12月→30日

その他→だいたい61日くらい

という感じの暦でした。なんとなく春になったら3月がスタートする感じです。これは、農業を中心に考えているからです。その他の部分は、農業ができない寒い時期だからです。1年が365日という概念もない時代です。

この10か月版の暦をロムルス暦といいます。

2月が28日になる瞬間

古代ローマ人は、31と29を縁起のいい数字として考えていました。なので、一か月を31日か29日に交互にしよう、ということになったのです。

というわけで、30日しかない月を29日にして、1年を355日、12か月にすることにしました。(当時は1年は365日ではなかった!)

3月→31日

4月→29日

5月→31日

6月→29日

7月→31日

8月→29日

9月→29日

10月→31日

11月→29日

12月→29日

1月→29日

2月→28日

という暦になりました。たまにうるう月というのがあって、13か月になる年もあって、そういうので調整してたみたいですね。これがヌマ暦です。紀元前713年のことです。

2月が28日になった瞬間です。

ちなみに偶数は縁起が悪いとされていましたが、2月は28日で縁起悪いじゃん、となるわけです。英語で2月はFebruary、これは古代ローマにおける清めの儀式Februaからとった言葉です。つまり、2月は浄化の月、なので、縁起悪い28日でもいけるっしょ!!!っていうことになったみたいですね。

その後、すったもんだありながら、微調整を繰り返し今の暦となります。一時期は2月は29日までで落ち着いたこともあったのですが、自分が生まれた8月が短いなんて許せん!ってわがままを言ったやつがいまして(彩雨さんじゃないですよ)、2月から1日持ってきて結局28日になりました。

まぁそんなところで、2月は28日で落ち着いたわけです。

(※諸説あります)

3月、あらたなスタート

つまり、2月が短い理由は、2月で日数調整をしていたから、ということです。

今日は3月1日、つまり古代ローマ的に考えれば、新たな1年の始まりということです。気持ち新たに、この春の息吹を受け止めたいものですね。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする