最近読まれている記事

彩雨流、リボ払いのセールスを華麗に断る方法


いくつかクレジットカードを使っている彩雨さんですが、そのうちの一社からリボ払いに切り替えませんかというセールスの電話がちょいちょいかかってきます。

(どことは言いませんけどね)

なんでこんなにもクレジットカード会社はリボ払いを推奨するのか。リボ払いってあまり認知されてないんですかね。ちょっとそれが心配になりました。

スポンサーリンク

リボ払いの怖さ

あ、クレジットカードの会社にお勤めの人にはすいません。

みなさんは、リボ払いにしてはいけませんよ。

リボ払いのリボというのは、リボルバーのリボから来ています。回転、という意味です。そう、支払いが回転するのです。

リボ払いの最大のセールスポイントであるのですが、支払額が一定になります。どれだけ買い物をしても一定です。1万円で設定してたら、どれだけお金を使っても毎月支払う金額は1万円です。

これいいじゃん!?って思う方も多いでしょう。お金の管理が苦手な人は飛びつきやすいシステムでもあります。

しかし、手数料(金利)が高いのです。しかも、どんどん繰り越しされていき、手数料が繰り越されれば繰り越されるほど上がっていきます。最終的にはリボ払いで支払っているのは金利だけ、それがどんどん長期化して、ちょっとした買い物がすさまじいトータル金額に…なんてことになりえます。

一説によると、普通にカードローンで借金したほうが安いんじゃないの?というくらいなようです。つまり、もうすでにリボ地獄へ陥っている人は、カードローンでお金を借りてリボを返済したほうがお得かも、ということです。(調べてやってくださいね)

クレジットカード自体は仕組みとしては借金システムではないですが、リボ払いは完全に借金システムです。ここには大きな違いがあります。

リボ払いというシステムのおかげで苦しい生活を乗り越えられたという人もいるかもしれません。しかし、正しく理解し使わないと大変なことになります。

クレジットカード会社はリボ払いにしてもらったほうが金利分で得をすることができるため、リボ払いのセールス電話をかけるのでしょうね。中にはリボ払いだとポイントが多くつくカードもありますし、初期設定がうっかりリボ払いだった、みたいなこともあるそうです。

借金した感じのない借金

前にもなにかのブログで同じようなことを書きましたが、借金した感覚がない借金というのは、金儲けする上では重要なポイントなのでしょうね。通常の借金は、明らかに借金した感じありますけど、リボ払いって借金してる感じがしないから、いいカモになるわけです。

お金のあり方も多様化している現代において、金貸し業も多様化することが考えられます。本人としては借金してるつもりはなかったけど、実は借金でけっこうな利子を取られた、なんてサービスも誕生しそう。

こういうのって、生きるか死ぬかというドラマででてくるような人がターゲットではなく、別に仕事もあるし貧乏でもないけど、ちょっと魔が差して高い買い物をしたいみたいな、一般庶民がターゲットになってるのかなと思います。

とにかく、リボ払いにはしないように気をつけましょう。もしセールスされて断りにくかったら、彩雨がそう言ってたといってもらってOK。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする