最近読まれている記事

QUESTIONより:化学調味料とドラムレコーディングから考える現代社会


QUESTIONより

摩天楼の苑さんはキャンドルがお好きと以前テレビで紹介され、炎は独特の揺らめきが癒し効果ですが火の取り扱いって恐いですよね!最近息を吹き掛けると消えるLEDキャンドルを見掛けました。これなら本物っぽいかなぁと思うのですが彩雨さんはどう思われますか?


息を吹きかけると消えるLEDキャンドルですか。これは面白いアイデアですね。

スポンサーリンク

必要ある?ってところがいい

息を吹きかけると消えるキャンドルですが、LEDのライトなんだからどこかにスイッチがあればいい、というのが本来なところです。わざわざ息を感知してスイッチにするなんて面倒な技術開発は不要なのです。

ですが、その一見意味がないように思われること、というのが面白いのです。この世の中、利便だけを追求するとつまらなくなりますからね。

本物と疑似の境目に今がある

テクノロジーの発達は、疑似の発達でもあります。疑似というとニセモノっぽい感じがしますが、そういうネガティブな意味ではとらえたくないです。(疑似という言葉じゃない言葉で表現したかったけど、でてこなかった)

テクノロジーが生み出した疑似は、このLEDキャンドルもそうでしょう。わざと炎のゆらぎを表現したライトとかも見たことあります。例えば化学調味料とかもそうですよね。人口肉とか。音楽の世界でも、多くの楽器はサンプリングされ、コンピュータ上であらゆる楽器を鳴らすことができるようになっています。ギターもアンプシミュレータがかなり進化し、もう何で鳴ってるのかを判別できる人のほうが少ないのではないでしょうか。

テクノロジーの発達は、疑似を本物へと確実に近づけています。

一方で、その逆の現象も起きています。この数十年間で化学調味料の味に親しんだ消費者がターゲットなのか、わんさかとお客さんの目の前で化学調味料をいれるラーメン屋があります。たぶんキングレコード界隈の人はわかると思うのですが、あそこのラーメン屋は実は僕らも好きです。音楽でもそうで、例えばドラムのレコーディングでも実際にたたいた音に別の音を重ねるなど、実際の人間が叩くドラムのバランスではありえないような音が現在のロックシーンの流行です。本物を疑似へと近づけるのです。

この二つの境目に、現代があるわけです。音楽だけでなく、社会も含めてすべてです。あれはニセモノ、あれは意味ない、あれは無駄、そうばっさりと否定するのは簡単な生き方です。すべてを肯定した上で、どう選択できるか、というのがこの選択肢が増えた現代での生き方のように思えます。だからこそ難しいのですけどね。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする