最近読まれている記事

スポンサーリンク

QUESTIONより:バンドマンのポジティブグッズとは?視覚環境と音楽の関係


QUESTIONより

会社で自分のデスクにポジgoods(ポジティブになれる品)を置いてOKという暗黙のルールがあります。営業会社なのでメンタル保っ事が大事✨家族の写真を置いていたり各々ポジgoodsが違っていてデスクに個性が出ます。 私の場合は摩天楼オペラさんのアー写や彩雨さんのチェキを置いて”常に笑顔”を心がけてます。 もしも彩雨さんポジgoodsを選ぶとしたら何をデスクに置きますか?


ポジグッズですか。あまりそういうことは考えたことはありませんでしたね。でもたしかに海外の映画などではデスクに家族写真を置いたりしている映像もありますね。

日本ではどうなのでしょうか。

でも質問者さんの会社のように、自由に好きなものを置いていいというのはいいことかもしれないですね。

スポンサーリンク

視覚環境と音楽

デスクというほどではないですけど、デスクに置いてあるもので仕事に関係ないものってあんまりないですね。昔はもっといろいろ置いてたんですけどね、引っ越して環境が変わってからスペースの事情もあって少しずつ整理されています。

ただ、作曲は視覚環境もインスピレーションという意味では大事なのかなと思います。

ダークな画像をずっと見ているとダークな曲やアレンジにすることができるところってあると思いますしね。ピンタレストで「ゴシック」とかで検索していろいろ眺めつつ、作業したりとかもすることありますよ。

そういう意味では部屋中にロックバンドのポスターやギターが飾ってあるバンドマンの部屋とか、きっと意味があることなのかなとも思います。自分の場合はそういうのはありませんけどね。

ポジグッズ

前に悠くんがモチベーションを上げたいときにイチローが活躍する動画を見るとか言ってましたが、こういうのもたしかにグッズではないけどポジグッズの一種みたいな感じもします。

マリノスのゴールシーン特集みたいな動画をタブレットかなんかでエンドレスで流してたりとか?でもやったらそっち見ちゃいそうだなぁ。

でもまぁちょっと違うけど、ある意味スマホケースとか、ノートパソコンにいろいろ装飾したりとかもポジグッズに近いところもあるかもしれないですね。キーボードにも猫のシール貼ってありますよ。ノートパソコンは装飾ってしないんですけどね。

この前、グッズで摩天楼オペラのステッカーを作ったので、機材ケースにはそういうの貼れますね。みなさんもどっかに貼ってくださいね!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする