最近読まれている記事

スポンサーリンク

QUESTIONより:iPhone SE2の開発中止は本当?iPhoneのベストサイズってどこだろう


スポンサーリンク

QUESTIONより

iPhone SE2の開発が中止という噂がありますが、今後出るのか出ないのかわかりませんが、iPhone5、SEを愛用してきている私としては、小型タイプがなくなるのは残念だなーと感じます。彩雨さんはどう思われますか?


iPhone SE2はこの6月、もしくは秋にでるかと思いましたが、開発中止のニュースがありましたね。

もし6月にでたら母をSE2に機種変しようかと思っていたので、開発中止は残念なニュースです。

スマホのグローバル化の弊害

スマホは基本的にはどこの国でも使えるようになっています。WiFiも携帯の電波も、基本的には規格は同じですので、この国だから圏外、というのはありません。もっとも昔の携帯電話時代はそんなときもありましたけど、各キャリアが連携を取り合って、早い段階で携帯電話のグローバル化は進みました。

スマホが世界中で使えるというのは、開発や製造段階でも多くの市場をターゲットにできるということを意味していまして、思う存分コストをかけることができます。

規格としてはグローバル化は進んでいますが、懸念されていた弊害の一つが大きさです。

iPhoneはだんだん大きくなっています。技術的に小さいものを作ることは可能ですし、普通だったらより軽くてより小さいものに進化していきそうですけど、スマホはより大きくなっていくのが特徴的です。

この理由はディスプレイです。大きな画面でより多くの情報を得られるほうがいいという判断です。

ですが、だんだん大きくなっていくと片手での操作が難しくなってきます。

人の大きさというのは、人種によって違いますよね。日本人は比較的小柄ですが、欧米人はそれに比べると背も高く、手も大きいです。男性と女性によっても違います。

こうなってくると、そのiPhoneのサイズ感をどこに合わせるか、というのは難しいところになってきます。

iPhoneのサイズは統一すべきか

iPhoneのサイズの種類が多くなると、製造面のコストだけでなくアプリの仕様も対応が必要になります。本来であれば、できるだけサイズは統一するほうが都合はいいと思われます。

次はおそらく3種類のiPhoneが登場するといわれていますが、ひとつは現状のプラスサイズ、もう一つは標準のもの、もう一つはディスプレイの種類を変えたもので、いわゆるSEのような小型サイズではない可能性も高いです。今回のSEの開発中止も、iPhoneのサイズ感を増やしたくないという思惑もあったのかもしれません。日本人にはSEのサイズ感はわりとあっていましたからね。

まだわからない?小型iPhoneはでるのか?

今回のiPhone SE2の開発中止のニュースは、あくまでiPhone Xの小型版を指すところであり、現状のデザインのままスペックを変えた小型iPhoneに関しては登場する可能性も、まだあるようです。

なので、まだまだわかりませんね。iPhone SE2に関しては多くの噂が飛び交ってますし、いきなりポンと登場するかもしれませんよ。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする