最近読まれている記事

スポンサーリンク

QUESTIONより:ビジュアル系彩雨さんの日焼け止め話


QUESTIONより

夏が近づいていて毎日暑いですが、ビジュアル系の彩雨さんは日焼け対策はどれくらいされますか?最近は男性用の日傘もあり熱中症対策のためにも持ち歩く方が増えているそうです。


これから夏が本格化する季節ですね。毎日暑いです。

おっしゃるように、ビジュアル系というのはなかなか職業柄真っ黒に日焼けするわけにもいかず、長時間太陽の光を浴びる可能性がある場合は、対策が必要です。

スポンサーリンク

気軽にやりたい日焼け止め

人によっては日焼けせず赤くなってすぐ戻る人もいますけど、彩雨さんはけっこうこんがりタイプです。

仕事柄屋外にでる時間は短いのですが、それでも車に乗っていたり歩いていたりするだけで日焼けしてしまうもの。

実は普段はあまり日焼け対策ってしてないもので、それでちょっと焼けちゃうんですよね。うちは最寄りの駅がちょっと遠いので、夏場は気を付けなくてはなりません。

男性用の日傘もあるとはいえ、晴れてる日に傘をさして歩くのもちょっと億劫なものです。荷物増えるのもなぁという感じです。

というわけでしっかりと塗るべきところに日焼け止めを塗って外出するべきなのでしょうが、最近はスプレー型の日焼け止めというのがあります。

これはこれでとても気軽でいいなと思うのですが、スプレータイプのものは成分が落ちやすいというデメリットもあります。また、外でやると風で流されてしまって…とかもあるとか。うーむ。

ただスプレータイプのものはもってないので、そのうち買ってみようかなと思ってます。

結局薬を飲むのもめんどくさくてきっと使わないでしょうが、飲む日焼け止めというものもあります。薬というかサプリメントです。ちょっと調べてみると医学的根拠に乏しいなんて話もありますが、どうなんでしょうね。

日焼け止めは必要なの?

女性はシミを気にして一年中UVカット効果のある下地を使う人もいることでしょう。そう、夏だけではなく、1年中日焼けの可能性はあるのです。

その一方で、日焼け止めを全く塗らない人もいますよね。そういう人がシミだらけかというとそうでもありません。

いろいろ調べてみると、この日焼け止めが必要なのかどうかというのは多くの意見があることがわかります。使い方によっては、日焼け止めを塗るほうがシミになることも?

これは難しいところです。シミを含めて肌というのは紫外線を含む複合的な要素で変化、影響のあるものです。日焼け止めを塗っても、ちゃんと落とさず寝てしまうのもよくありません。これだけすれば皮膚がきれいに、ということでもないわけですね。

個人的にはそこまで神経質になって紫外線対策しなくてもいいかなとかちょっと思ってるんですけど、もう少し調べてみたほうがよさそうです。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする