最近読まれている記事

スポンサーリンク

QUESTIONより:彩雨さんは両刀使い、メガネとコンタクト、どっちがお得?


QUESTIONより

視力悪いと手放せない眼鏡は使っていて壊れてしまうもの。眼鏡は買うとレンズ含め5万円はしますし、修理や視力変化によりレンズ買い換えしなきゃいけないので意外とお金がかかるなと思います。同僚と視力が悪い場合、眼鏡とコンタクトだとどっちが経済的なんだろう?と話題になりました。 普段眼鏡とコンタクトを使い分けている彩雨さんは、強いて言うならどちらが経済的だと思われますか?


たしかに、普段はメガネとコンタクトを使い分けています。

ほぼメガネですけどね。コンタクトの方がやっぱりちょっと疲れるかな。

ただ、メガネをしたくないという人、コンタクトをしたくない人もいることでしょう。どちらにもどちらのメリット・デメリットがあります。

自分の場合はちょっと目が悪いこともあって、度数が強いです。そのため、メガネをかけると視界の左右ギリギリのところが歪んでいます。コンタクトだとこれが起きないのがいいですね。

ただ、コンタクトは衛生面の管理と、たまに目薬を差したくなったりなど、いろいろと手間もかかります。花粉症のシーズンはちょっと目がゴロゴロしますしね。

まぁそんなこともあって、個人的にはメガネのほうを日常では好みます。

ちなみにメガネは二つ持っていて、度数が高めの普通のメガネと、度数を少し下げたパソコン用のブルーライトカットがついたメガネの二つを普段使っています。家ではほぼ100%後者の方をかけます。度数は強すぎない方が普段生活する上では、なんか負担が少ないような気がするんですよね。

ちなみに無色透明のコンタクトも一応持ってるんですけど、基本的に度入りカラコンを使っています。なので、ちょっとコンタクトを付けて外出する日は無駄にカラコンになります。

スポンサーリンク

メガネとコンタクト、どちらが経済的か

これはもう、間違いなくメガネでしょう。

高級メガネですと値段は張りますが、最近はzoffやjinsなど、安価でおしゃれなメガネを作ることができるようになっています。ユーザーとしてはありがたいことです。自分もまたzoffのメガネを使っています。

コンタクトもだいぶ値段が下がりましたが、ずっと使えるものではありませんからね。頻繁に買い替えなければならないので、長期で考えれば高くつきます。保存液などメンテナンス費用もかかります。

最近はソフトを使っている人も多いでしょうが、ハードコンタクトレンズのほうがコスト的には安いという話もありますね。もちろんトータルで長く使った場合ですけど。とはいえ、ハードでも数年に一度は変えることになります。

メガネももちろん度が合わなくなれば変えるべきですが、コンタクトに比べれば長く使えますしね。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする