最近読まれている記事

スポンサーリンク

QUESTIONより:やけどに注意?スマホの熱中症対策もお忘れなく


QUESTIONより

この前の名古屋ライブの日がとても暑くてバッグに入れてるだけのスマホまで暑かったです。テレビでもあまりに高温過ぎて画面が暗くなり扇いでいる人の映像が流れました。スマホの熱中症対策はどうするのがいいと思いますか?


7月はとにかく暑かったですね。全国各地で記録的な猛暑となりました。熱中症で運ばれた人も多く、海外でも日本の暑さが報道されることでしたからね。

熱くなってるのは人間だけではありません。スマホもまた暑さに悩まされる存在でもあるのです。

スポンサーリンク

スマホやけどに注意

やけどというと火事のように火にあたってけがをするイメージもありますけど、実はそこまで高温じゃなくてもやけどをします。

それが低温やけどです。なんと44度のものに3時間ほど触っているだけで人間はやけどしてしまいます。

冬場はこたつなどでこういった低温やけどになることがあります。夏場は高温になったスマートフォンを長く操作することで低温やけどになる可能性があるのです。

猛暑下で気づきにくい「スマホやけど」に要注意…ケースも高温に – FNN.jpプライムオンライン

車の中にちょっとスマホを置きっぱなしにしてしまったら、あっという間に44度なんて超えてしまいます。スマホは高温になると起動しなくなるような機能がついていますが、それでも高温のものを握りしめることでやけどしてしまう可能性はあります。

スマホにケースを付けることが当然かのような流れになっていますし、ケースを付けることは保護という意味でも有効かと思います。ただ、ケースによってさらに熱が逃げにくくなることもありますので、注意が必要です。

スマホは冷やしてはいけない?

では急激に熱くなったスマホを冷やすためにはどうしたらいいのでしょうか。

人間だったらヒヤロンみたいな冷たくなる保冷剤で頭を冷やしたりしますよね。でも同じようなことをスマホでやってはいけません。

発熱したスマホは保冷剤で冷やすと壊れる? ドコモ、KDDI、ソフトバンクの回答(ITmedia Mobile) – Yahoo!ニュース

こちらの記事によりますと、一部だけ冷やすと中で結露が起き、内部で水滴が貯まり故障の原因となる可能性があるとあります。ついついやってしまいがちですが、気を付けなくてはなりませんね。

スマホの保冷剤は多くの商品が登場していますが、使い方によってはよくないこともあるということです。

温度を下げるためにはスマホの使用を控え、涼しいところに置いておくしかないみたいですね。

これからまだ暑い夏が続きますが、気を付けなくてはなりませんね。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする