最近読まれている記事

スポンサーリンク

今日はマイナビBLITZ赤坂でライブ!チケット代は変動しません!


ダイナミックプライシング、というとあまりなじみのない単語かもしれません。チケットの値段が残数や残り期間によって変動する仕組みのことをいいます。

その変動をAIが分析し自動でやることで、主催者側にとっても利用者側にとっても一番メリットのある金額のチケット代となる、という仕組みです。

スポンサーリンク

チケット代が変わる発想

ダイナミックプライシングはスポーツやエンターテイメントで徐々に注目されている仕組みです。最近はJリーグでも横浜Fマリノスが導入し話題になりました。

たくさんチケットが残っていれば安くなり、あとちょっとだと値段があがります。需要と供給のバランスということですね。

しかし、ライブのチケットなど、この仕組みってどうなの?って疑問に思う人もいるかもしれません。でも実はダイナミックプライシングって日常生活にも多くあります。

例えば、閉店間際でスーパーの値段が下がるのとか、まさにそうです。他にも、例えば飛行機代はダイナミックプライシングを取り入れています。台風で飛行機のチケットが激戦になったときなど、土壇場で値段が上がってしまった人もいるかもしれないですね。

AI導入で普及が進むか

こういったダイナミックプライシングですが、チケットをもうネットワークを介してやるのが当たり前になったこの時代だからこそ、多くの分野での応用が期待されています。

そのうち多くのライブでも採用される可能性もあると思っています。まぁやってる側としては、直前で空席があるので値段が下がった、っていうのもなんか悲しい話ではありますけどね(笑)

チケット代だけでなく、インターネットショッピングでも応用されることが期待されています。品物の残り在庫が少なくなったら希少価値がついて値段があがるとか、そんな感じですかね。逆にたくさん余ったら安くなるのかな。まぁこういうのって、本来の市場原理には忠実なような気もします。個人的にも面白いシステムだなとは思っています。実際にバンドでこのシステムを導入するかは別としてね。

そんなこんなで、今日はマイナビBLITZ赤坂にてツアーファイナルです。値段は変わりません。下がるどころか、当日券は前売り券よりも高くなっています。

興味ある方は「来ちゃった」的な感じで大丈夫です。ぜひ見に来てくださいね!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする