最近読まれている記事

スポンサーリンク

QUESTIONより:彩雨さんはエコバックを持っている


QUESTIONより

スーパーでビニール袋有料が当たり前になってる為、買い物へ行く際は必ずエコバッグ持参してます。彩雨さんはスーパーとか買い物行く際エコバッグ持参しますか?有料でもその場でビニール袋もらいますか?


最近はスーパーもエコバック持参を促すために袋の有料化を進めているところもありますね。

スーパーとしてはビニール袋の費用を減らすだけではなく、さらに1枚5円といったちょっと高めの値段に設定しておくことで経費も節約できるだけでなく、環境保護へのアピールもできて一石二鳥といったところでしょう。

しかしこれまで無料で配布していたものを有料化するわけですからお客さんの理解も必要です。サービス面で考えると、すべてのスーパーが袋を有料化するかというと、今の段階ではそうじゃないかもしれませんね。

ちなみにですが、彩雨さんは有料化しているところはエコバック持っていきますよ。折り畳めるやつ持ってます。有料だったらもらいたくないですが、それでもどうしようもないときはもらいますけどね。

スポンサーリンク

有料化の義務化へ

近年はこういった環境保護への取り組みが世界的に行われています。ストローを紙製にするというのもそうです。

資源には限りがあり、環境問題、環境保護については取り組まなければならないテーマです。 しかし、考え方はそれぞれです。なにが正解なのでし...
環境問題への関心が高まり、これまでのように大量生産、大量消費のライフスタイルにもストップをかける流れが起き始めています。 その一つが、...

先日、環境省がスーパーやコンビニなどで使われているプラスチック製レジ袋の有料化を義務付ける方針を固めました。具体的にいつからというわけではありませんが、遅かれ早かれこういった流れは世界で進んでいくことになるでしょう。

ゴミ袋と環境保護の関係性については、否定的な意見も実はあります。ゴミ袋を減らしたところで、環境保護にはあまり関係ないのでは、という話です。ここではどちらが正しいかという話はしません。

ここで大事なのは意識の問題かなとも思います。なぜスーパーで袋がもらえないのか、なぜストローが紙製なのか、そりゃもちろんこれまで通りのほうが便利なわけです。

その中で、なぜこうなったのか、というところの意識が、人々が普段の生活の中で環境のことを考えるようになるのかなとは思います。そう意味では、こういった取り組みも無駄ではないのかなとも。

子供の頃は、大人になる頃には地球環境も悪化し石油もなくなり…みたいな悲惨な未来予想図もありましたが、実際今のところそういうわけでもないですね。まぁ当時としては大量生産、大量消費社会への警鐘のようなものもあったのかもしれませんが、その背景には人々の環境への取り組みやテクノロジーの進化などもあったのかなと思います。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする