最近読まれている記事

スポンサーリンク

悪意のある投稿を検出可能に。今話題のインスタいじめとは?


Twitterがポリシーを変更し、ヘイトスピーチ対策を考慮した内容に変更しました。

Twitterのポリシーが変更になります。 これまでは個人に対して非人間的な投稿をする場合、アカウント凍結対象となっていました。今度か...

現在、SNSはこういった非人道的な投稿に対して厳しい対応をするようになってきています。

スポンサーリンク

インスタいじめ

Instagramでも、いじめ写真を自動で検出する仕組みを導入するという発表がありました。機械学習による検出ということで、AIがオートで対応することになります。

どれくらいの成果があるのか、興味深いですね。

若者の多くが使うSNSだけに、今はインスタいじめというものが存在します。

女子中高生「インスタいじめ」の執拗なやり口 | 子育て

記事内にもありますが、なりすましアカウントもあるのだとか。芸能人ですとなりすましアカウントは事務所などがきちんとアナウンスすることで対応も可能かもしれませんが、個人となるとなかなかあれは偽物だとアピールするのも難しいものです。しかも芸能人のなりすましと違って、自分の周りに確実に犯人がいるわけですから、かなりタチが悪いです。

子供は残酷です。SNSのように昔は存在しなかった新しいものを、自在に使いこなしいじめへ活用します。

もちろん使い方によっては名誉毀損などにあたるわけで、訴えることも可能かもしれません。しかし、子供同士のいじめが裁判沙汰になるというのもあまりイメージがない、というのも実情でしょう。

こういった技術面で少しでも被害を抑えることができればと思いますね。

判断するのは人

今回のInstagramのいじめ投稿検出ですが、最終的にそればいじめかどうか判断するのは人になるそうです。

いじめの写真をAIで検知! インスタ、新機能を数週間以内に展開へ | Techable(テッカブル)

どれだけスピーディに、正確にできるのかというところに注目が集まるでしょうが、いじめ投稿なのかどうかしっかりと判別できるのでしょうか。

検出の精度も含めて気になるところではあります。

今回は子供同士のいじめだけではなく、職場でのハラスメントなどにも対応かと上記の記事内にはあります。SNSの健全化はウェルカムですが、それは同時に投稿の監視でもあるわけで、実装後どういった変化があるのかも含めて興味深く見守っていきたいところです。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする