最近読まれている記事

スポンサーリンク

QUESTIONより:まじで小学校の課題?終戦から沖縄返還までの間で、日本のトップニュース上位3位を考えるなら何か


QUESTIONより

彩雨さん、こんばんは。 小学校の課題で興味深い課題があったので彩雨さんの意見も聞いて見たいと思い質問します。 終戦から沖縄返還までの間で、日本のトップニュース上位3位を考えるなら何か、というものです。 この課題の中で小学生たちの考えを見ていると、どの立場の人で考えるのか、何があったからこれができた、という順番を考えるかなど、色々な話し合いがあったみたいです。 よろしければ、彩雨さんの考えをお聞かせください。


小学校の課題というのも、こんなのがあるんですね。

終戦は1945年、沖縄返還は1972年です。終戦からの現在までのトップニュースではなく、沖縄返還までの上位3位というのは、子供たちはどんな回答をしているのかも気になるところではありますね。

せっかくなので、ちょっと考えてみましょう。

スポンサーリンク

3位 朝鮮戦争

朝鮮戦争は1950年から起きた、韓国と北朝鮮の戦争で、現在も休戦状態でありながらまだ終わっていない戦争です。

第二次世界大戦後は朝鮮戦争やベトナム戦争といった、アジアで戦争が相次ぎました。これも、アメリカと旧ソ連の代理戦争のような側面もあり、ただ単純な地域の覇権争いというわけでもないところが事態を複雑にさせます。

日本も南北に分けて統治するなんて話もあったそうで、もしそうなっていたら将来的に東京と大阪で戦争をしていたなんてこともあったのでしょうか。

隣の国とはいえ、この朝鮮戦争は日本にも大きな影響を与えました。その中でも特筆すべきポイントは、経済面です。戦後、日本の景気が急上昇するタイミングは何度かありましたが、その中の一つがこの朝鮮戦争によるもので、朝鮮特需なんて言い方もされます。

戦争には武器や車両など、いろいろ必要なものがあります。日本はもちろんこういった武器類は生産停止でしたが、朝鮮戦争のときはGHQから生産の許可(命令?)があり、日本で作られた武器やらなんやらが朝鮮戦争で使われることになりました。皮肉にも、隣国で起きた戦争が日本の戦後復興に役にたってしまった、ということです。

ですが、実際に生活がこの朝鮮特需で潤ったわけではありません。こういった武器類なども、アメリカの指示のもと行われており、日本に莫大な利益があったわけではないという見方もあります。ただ、日本が工業国として発展する上でとても重要な転換期であったという考え方もできます。

2位 東京オリンピック

1964年に東京オリンピックは行われました。東京オリンピックはアジア初で、有色人種国家として初めてのオリンピックになりました。

もともと1940年に行われる予定だったのですが、政情が不安定となり見送られました。その後の戦争もありながらも、1964年にまさに復興の象徴としてオリンピックが行われることになりました。

スポーツが盛り上がるだけではなく、オリンピックに備えた新幹線や高速道路の開通も、その後の日本の発展には欠かせないインフラとなっています。精神面、物資面の両方で大きな影響があった一大イベントでした。

1位 日米安保条約

正確には「日本国とアメリカ合衆国との間の相互協力及び安全保障条約」といいます。1960年に発行されました。

実は1951年に旧安全保障条約がありまして、こちらは「アメリカ軍が日本にいてOK」「日本で内乱があればアメリカ軍が動いてOK」という内容のものでした。60年に新しくなり、これまで曖昧だった「日本が攻撃されたらアメリカが守る」という大事な部分がきちんとされ、内乱があればアメリカ軍が動く、というのは削除されました。

1950年代、60年代というのは世界的にもとても不安定な状態でした。戦争が終わって平和になりました、なんてことはなく、むしろ戦争が終わって誰が覇権を握るかのにらみ合いが始まります。日本にとってもそれは例外ではなく、しっかりとこれから始まる東西の冷戦に巻き込まれていきます。

この日米安保条約については、反対意見も非常に多かったのです。アメリカの戦争に、日本が巻き込まれるという懸念がまず一つ。もう一つは、日本はサンフランシスコ講和条約できちんと独立国家としての道を歩み始めたのですが、結果的にこの条約によってアメリカの支配下になっているという点に関してです。

学生を中心に反対活動は激化されます。70年になると、もはや政府、社会に対して不満をぶつける場となり、いわゆる安保闘争となります。東大など多くの大学で起きたこの安保闘争ですが、学生を煽っていた反政府勢力の存在もあったとされ、現場ではもはや最終的に何に対して怒っているのかよくわからないまま参加していた大学生もいたかもしれませんね。

その後は学生の安保闘争は落ち着きますが、一部の人たちは過激派となり、あさま山荘事件やよど号ハイジャック事件などを起こすことになります。

日米安保条約は現在の日本でもとても重要なものになっています。戦後、日本がどう生きていくかを示すものになったと思います。

戦後ずいぶん経ちますが、今後はどうなっていくのでしょうか。来年あたり憲法改正の機運とともに、再び焦点があたる話題かもしれませんね。

その他はこんなの

大阪万博とか入ってもよさそうでしたけど。あとはなんだろうなぁ、ビートルズ来日とかかな。でもその他はそんなに思いつかないですね。世代によっても回答は違うかもしれません。子供たちはどんなものを答えたのかも気になるところです。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする