最近読まれている記事

スポンサーリンク

QUESTIONより:彩雨さんの楽曲の値段は…いくらでしょう?


QUESTIONより

仕事で広告案件だと指値でやりとりすることが多いのですが、どれぐらいの規模か聞いたりしても目に見えるものではないのでいつも悩みに悩んでいます。。。あやめさんは自分の楽曲に値段を指値で提示できるとしたらいくらにしますか?笑 


たしかに目に見えないものの金額というのは難しいですよね。タクシーのように何キロ走ったらいくらとか明確な基準値が先にないと、値段を決めるのも難しいですよね。

スポンサーリンク

値段設定の難しさ

フリーランスで仕事をしている人も、こういう人多いんじゃないかと思います。定価があるような、ないようなという感じですからね。

音楽の世界だって、レコーディングで外部の人を雇うときや、撮影でのカメラマンやメイクなど、多くの人に協力をお願いするわけですが、その金額もぶっちゃけ人によって違います。サポートミュージシャンをずらっと後ろに並べてライブをやる光景などみなさんもステージで見ることもあるかもしれませんが、もしかしたら後ろの人たちも人によってもらってる金額が違ったりするケースもあるかも?

フリーランスも、仲良ければ言い値でやるよ、という話にもよくなりがちですが、「言い値」ってのも設定するのはなかなか難しいものです。

自分の楽曲の値段を指値で提示するというのは難しいところですね。ぶっちゃけ場合によってはタダでもいいですし。

フリーランスは、なめられる

よくネットで話題になる話で、イラスト界隈である話ですが、宣伝になるからタダで描いて、みたいなのありますよね。あと、ちょっと違いますけど世田谷区役所と漫画家さんでちょっとトラブった話も最近ありました。

世田谷区と仕事をした漫画家が対応を批判、区長が謝罪

フリーランスというのはどうしても世間からなめられるところはあるかもしれません。自分の周りにはあらゆる業界でフリーで活躍している人がいますが、みんなきっといろいろなものと戦いながらやってるんだろうなと思います。

とくに長年やっていればだいたい自分の仕事の相場みたいなのもつかめるでしょうが、まだやり始めであったり、やっている人が極端に少ない業種では相場をつかむのも難しいものです。

こういった値段設定のひとつから見ても、フリーランスというのはそれだけ自由である一方で、難しいものなのかなぁと思いましたね。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする