最近読まれている記事

スポンサーリンク

世界の不思議なドメイン話 その1 ~アヤノ.メはどこの国のものでしょう?~


ドメインというものがあります。ホームページのアドレスで言うところの、「.com」などに相当するものです。

ホームページのアドレスだけでなく、みなさんが使っているメールアドレスにもドメインはあります。とても身近な存在ではありますが、意外と知らないことも多いのがこのドメインです。今回はこのドメインについてお話してみたいと思います。

スポンサーリンク

ドメインの歴史

一般用途のドメインとして、1984年に定められたドメインが、もっとも古いドメインとされています。

それはこちらです。

.com
.edu
.gov
.mil
.org

この5つですと、「.com」がもっとも有名ですね。「.com」は世界の中でももっとも登録数が多いものとされています。

現在はだれでも自由に取得できるため、みなさんでも.comのドメインを簡単にとることができます。昔はもう少し細かく、用途別にドメインが設定されていました。

「.com」というのは商用という意味を持つcommercialの頭文字をとったものです。つまり、商用のホームページということを意味しています。

このように、ホームページのドメインを見るだけで、そのホームページがどういった類の内容であるかわかるというのが特徴なのです。

「.edu」は教育機関、「.gov」は政府機関を意味しています。「.mil」はあまりなじみがないですが、militaryの頭文字をとったもので、アメリカ国防総省のものになります。「.org」は日本でもたまに見かけますが、組織を意味するorganizationの頭文字を取ったものになります。もともとは非営利団体がつけるドメインとされていました。

1985年あたりから少しずついろんなホームページが登場していきます。日本ではまだまだインターネット文化が定着する前の話です。

その後、情報サイトにつけられる「.info」など、いくつかドメインも増えていきます。

最近では「.kyoto」のような地域性のあるドメインも登場して話題になっています。

国別?分野別?二種類のドメイン

それらとは別に、〇〇.jpとか、〇〇.krとか、ドメインというと国別になっているイメージもありますよね。

ドメインには分野別のものと国別に割り当てられているものの二種類があります。

実はドメインって、この国別になっているものがけっこうおもしろいんですよね。

ちなみにアヤノ.メは

ayano.me

というアドレスになります。

「.me」というのはME、つまり「私」という意味なのではないか、と考える人も多いでしょうが、実は違います。これも国別に割り当てられたものです。そう、アヤノ.メは外国のドメインを使っているのです。

ではどこの国でしょうか?

答えは後半で!!

リアルアヤノ.メ vol.2開催

リアルアヤノ.メ vol.2の開催決定!2019年1月26日(土)、阿佐ヶ谷ロフトAにて。今回は来場者プレゼントも用意したいと思います。みなさまのご来場をお待ちしております!詳しくはこちらをご覧ください!

リアルアヤノ.メ vol.2「さようなら!ありがとう!平成最後のリアルアヤノ.メ」

【概要】 おかげさまで第一回目はチケットも即完売で、台風直撃による緊急生中継もたくさんの人に見ていただいたリアルアヤノ.メ。この度、二回目を開催することになりました。 【内容】 1.今度こそ100万字は超えたの?最近のアヤノ.メ事情 …

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする