何年たってもこの瞬間を鮮明に


あら、Amazonの容量無制限コースがなくなるのね。みなさん、クラウドのストレージは使ってますか?実は意識しなくても、けっこう使ってるもので、写真が自動バックアップされてる人も多いかと思います。

ちなみに彩雨さんは
写真→Google Photos
音楽製作データ→Box
講義資料→OneDrive

と使い分けをしてます。これあると、いざという時、違うパソコンからでもデータを読み出せるのでとても便利です。バックアップとしても使えますしね。

出始めはそれこそ50M無料とか、ようやく使いやすくなったころで2G無料とかでしたが、ここ数年は有料でそこそこ値段もかかりますが無制限コースもちらほらでてくるようになりました。
通信速度もあがり、だいぶ使いやすくなりましたね。

日本でも廃止 Amazonの容量無制限ストレージ

スポンサーリンク



無制限、一体、何を?

無制限コースの人は何に使うんでしょう?実はたとえば10Gのコースがあったとしても、ほとんどのユーザーはそんなに容量を使わず、ほんの一握りのユーザーだけがパンパンに使うという記事を読んだことがあります。
よほどの動画主習癖があるのか、日常ではそんなストレージは使いませんからね。どんなデータが入ってるのか気になるところです。

写真無制限コースは継続

Amazonは写真無制限コースは継続するみたいですね。Googleも写真動画の無制限コースが無料で使えるので、そこは対抗したのでしょう。写真動画の無制限というのはユーザーからしてはとてもありがたいことですね。

日常的に一般の方が使うのってやはり写真だと思うんですよね。

クラウドに保存は理にかなっている

デジカメが登場するようになり20年、古いデータの保管ちゃんとできてますか?使い方にもよりますが、フラッシュメモリの寿命は長くて四年程度。実際には四年以上使えてるとは思いますが、長期保存はできません。ちなみにハードディスクやCDなどにも寿命があります。自分が死ぬまで手元に残したいという気持ちがあるのであれば、印刷した方がいいですよ。
クラウドへの保存は理にかなってます。サービスが終了しない限りは残ります。GoogleやAmazonが突然問答無用でサービスを終了するとも思えないですし、バックアップとしては悪くない選択肢でしょう。極端な話、家が突然なくなってもデータは残りますしね。CDやハードディスクにもいれつつでしたらなお安心ですね。

もちろんGoogleがなにかの重大なミスやハッキングなどでデータがなくなってしまう可能性もあります。まぁ、個人的にはそれ以上に手元のHDDが壊れる可能性のほうが高いと思いますけどね。

思い出の詰まったみなさんの写真データ、大事に保管してくださいね。

スポンサーリンク
スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク