最近読まれている記事

スポンサーリンク

財布を落としたら…中身が増えてた?SNSでつながる落とし物


以前、財布を落としたら見つからない、というブログを書きました。

QUESTIONより 以前人混みの某駅で顔写真入りの社員証を落としてしまい凄く焦って血の気が引きました…更にお気に入りのパスケースと一緒に...

ところが先日こんなことがあったみたいです。

詳しいことはこちらの記事にありますが、財布を落としたら中身が増えて戻ってきた、という話です。

機内で財布を紛失した米男性 中身が「増えて」戻ってくるサプライズ – ライブドアニュース

これはなかなかのレアケースだとは思いますが、SNSを通じて落とし物を発見するというケースもしばしばありますね。

そういえばいつだったか、全国ツアー中でも落とし物のタオルをSNSを通じて回収できたという話もありましたね。

スポンサーリンク

落とし物は警察に

まぁ本当は、落とし物は基本的には自分で持って帰って直接渡すというのはあまり好ましいことではありません。ライブハウスの落とし物などならライブハウスへ、電車だったら駅員さんに、路上だったら警察に届けるのがよろしいでしょう。

落とし物をSNSにアップして警察に届けました、とやる人もいますけど、あれも本当はいいところもあれば悪いところもあります。通常落とし物は、その内容がどんなものだったのか本人にしかわからない情報で判断するわけですが、もし中身などまるっとSNSにアップされてしまったら、悪意のある人が他人になりすまして落とし物を持って帰ってしまう可能性もあります。もちろん、そうならないように身分証明書の提示などがあるわけですけどね。

SNSでつながる落とし物

とはいえ、そういう話もつまらないものですね。SNSでつながる落とし物、というのはまさにこの時代ならではのもの。

東日本大震災のときは、日本から津波で流されたボールなどがはるか遠くの国まで届いて、SNSを通じて戻ってきたなんて話もありました。

以前は、おまもりがSNSで拡散され持ち主に届いたという話もありました。

大切な「お守り」落とした父親を救ったのは… 6万超のツイッター拡散が呼んだ「奇跡」に反響

こういったことも、以前はできなかったようなことですからね。まさに奇跡といってもいいでしょう。

落とし物のSNS投稿には注意が必要ですが、それでもSNSによってつながる落とし物、というのはありますね。

リアルアヤノ.メ vol.2開催

リアルアヤノ.メ vol.2の開催決定!2019年1月26日(土)、阿佐ヶ谷ロフトAにて。今回は来場者プレゼントも用意したいと思います。みなさまのご来場をお待ちしております!詳しくはこちらをご覧ください!

リアルアヤノ.メ vol.2「さようなら!ありがとう!平成最後のリアルアヤノ.メ」

【概要】 おかげさまで第一回目はチケットも即完売で、台風直撃による緊急生中継もたくさんの人に見ていただいたリアルアヤノ.メ。この度、二回目を開催することになりました。 【内容】 1.今度こそ100万字は超えたの?最近のアヤノ.メ事情 …

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする