QUESTIONより:彩雨さんの物件探しで譲れない条件


広告

QUESTIONより

家を探すときの条件って様々だと思いますが引っ越しを何度かされている彩雨さんは物件探しで譲れない条件って何ですか?


引っ越しの条件、これは人によってもいろいろあるでしょうね。

引っ越しで気にしたいポイント

駅からの距離、これも大事です。気候のいい時は多少歩いても気になりませんが、めっちゃ寒い時、逆に暑いとき、豪雨だったりとそういうときは駅からの距離はとても重要です。家探しをする方はだいたい新シーズンが始まる3月という人も多いかもしれませんが、3月では快適でも8月の暑さではしんどいこともありえます。

ちなみに彩雨さんは車移動も多いので、駅から多少遠くても気にしないタイプです。

水回りのきれいさ、これも重要ですね。都内でしたら新築を狙うよりも、リフォームされている物件のほうが安くていいかもしれません。

部屋の広さ、ここも重要です。同じ家賃でも広さが倍変わることもしばしば。どうせなら広いほうがいいわけですが、広すぎると光熱費も上がります。ほどよいところがいいですね。

まぁこのあたりは、定番の気にするポイントではないでしょうか。

彩雨さんが気にしたいポイント

このあたりはもちろんチェックするとして、他にも気にしたいポイントが二つあります。

一つ目は割安さ、です。安いに越したことはないのですが、あまりにも安すぎるとなんかあるかもしれません。隣の人がめんどくさい人とか(笑)

こういう言い方をすると大変失礼なのですが、安いアパート、マンションには心も安い人が集まります。これは自分の実体験です。

もう一つは壁の厚さです。彩雨さんは前に住んでいた家は古いですが壁がぶ厚く、夏は涼しく冬は暖かい環境でした。もうひとつ前の家はとにかく壁が薄かったのです。壁が薄いと、外気の影響をダイレクトに受けますので、冬は極寒、夏は猛暑、エアコンはフルパワーでも対応できず、電気代だけがひたすらかかっていくという感じでした。

ちなみに前の前の家はロフト付きのワンルームで、天井がとにかく高く開放的でした。それはとても素晴らしかったのですが、家を見に行ったのが6月くらいだったのであまり気にならなかったのでしょう。夏はとにかく暑い。冬はとにかく寒い。空間がでかすぎるのはよくないですし、壁が薄いのもダメですね。

まぁ欲をいえば、作業部屋は生活するリビングとは別にしたいですね。でも、別にすると今みたいに寒い時は暖房費が部屋移動するたびにかかっちゃって微妙なんですけどね(笑)

こだわりポイントは人それぞれでしょうが、みなさんにもいい家が見つかりますように。

リアルアヤノ.メ vol.2開催

リアルアヤノ.メ vol.2の開催決定!2019年1月26日(土)、阿佐ヶ谷ロフトAにて。今回は来場者プレゼントも用意したいと思います。みなさまのご来場をお待ちしております!詳しくはこちらをご覧ください!

リアルアヤノ.メ vol.2「さようなら!ありがとう!平成最後のリアルアヤノ.メ」

広告