進む業界再編。あの会社がアレを売る?


あのドンドンドン…でおなじみドン・キホーテが格安PCを発売するというニュースがありました。これはなかなか興味深いニュースです。スペック的には…なるほど、1.2キロという重量はまぁありかなと思いますが、ストレージ32G、メモリ2Gというのはなかなかの低スペックですね。使い勝手としてはどんなもんでしょう、Windowsを動かすには厳しい可能性もあります。

【衝撃事実】ドンキホーテが激安ノートパソコン「MUGA無我 ストイックPC」を販売! 新品19800円! もっと安くなる可能性も | バズプラスニュース Buzz+

もうすでにちらほらとレビューもありますが、やっぱり中身はちょっとアレみたいです。ただ、個人的にはこういうの出したということがおもしろいなと思っています。

ドンキはスーパーマーケットやコンビニ市場にも手を出そうとしていますよね。実験的に都内にも小型のドン・キホーテがあります。今後、小売り店も業界再編は進むかもしれません。

スポンサーリンク



家電、PC、スマホに参入する量販店

家電やPC、スマホというのは、これまでは決まったメーカーが商品をだしてました。ソニー、東芝、富士通などなど…みなさんも頭に思い浮かぶメーカーはあるでしょう。ただ、昨今の流れは面白くて、ドン・キホーテやヤマダ電機、さらにはAmazonがこういった業種に参入することになっています。しかも激安で。

これはなかなか面白い流れです。

中国や台湾などの安くて高性能な商品が多く輸入されている一方で、独自の販売ルートを確立しているドン・キホーテやヤマダ電機が商品開発をするのは、業界をうまく刺激していますね。

ドンキ「4Kテレビ」は第2弾も速攻で売れるか | 専門店・ブランド・消費財

ドン・キホーテの激安テレビもけっこう話題になりましたが、こういった流れはもうしばらく続くと思います。東芝はちょっと悪いニュースも多く、日本の家電メーカーも全体的にちょっとしんどい時期に入ってしまった印象もあります。その中で、次はこういった量販店とのコラボレーションも視野にいれつつ、海外メーカーと対抗していかないといけない時代になるでしょう。とくにドン・キホーテはPC、テレビ、タブレットと来てるので、そのうちスマホ出すんじゃないかとも思ってますね。先日iPadを駐車場に落としてヒビ入っちゃったので、次は激安タブレットでもいいかなぁ。

業界再編は、これから

本当の意味での業界再編はこれからだと思いますよ。近い将来、子供たちはAPPLEやGoogleを自動車メーカーだと思い、へー昔はパソコン作ったり検索エンジン作ったりしてたんだーみたいな可能性もあります。ソフトバンクなんか、もう虎視眈々と未来のポジショニングを狙ってそうです。

実際にソニーが保険をやり、イオンが銀行をやりと、ここ10年くらいですでに動きはでています。

音楽業界でも再編は起きてますよ。レコード会社がマネージメントに手を出してますしね。今や大手レコード会社はマネージメント業に力を入れているところも多いです。他にも衣装を作る会社が事務所を作ったり、ゲーム会社がCDを出したりと、レコード会社がアニメを作ったりと、細かい業界再編は進みつつあります。そのうち全然違う事業もしたりするのでしょうかね。

将来はどんな業界模様になるのでしょうか?外の世界からのんびり眺めたいなと思います。

スポンサーリンク
スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク