最近読まれている記事

服くらい自分で…なんてことはない!ZOZOTOWN「おまかせ定期便」は新たな境地を開けるか


ZOZOTOWNが、好みの服を定期的に届けてくれる「おまかせ定期便」というサービスを始めるそうです。

ZOZOTOWN、”似合う服”届く「おまかせ定期便」提供開始(ITmedia NEWS) – Yahoo!ニュース

スポンサーリンク

ネットならではの新しいサービス

いや、服なんてなんで他のやつが選んだやつを着なきゃいけないんだ!!個性を大事にしろよ!!各々のセンスってものがあるだろ!!

なんて意見もあるかもしれません。

しかしながら、そう言い切ってしまうのもよくないですね。お店に行けば店員さんがいますし、わからないことや意見がほしければ、店員さんに聞いたりします。

ZOZOTOWNのようなネット販売だと店員さんには聞けません。

中には、よくわからないから服は誰かが選んだやつでいい、という人もいます。忙しすぎて服を買いに行く暇がない、という人もいるでしょう。

このサービスは、なかなか面白いと思います。

昨年ですが、ZOZOTOWNが体のサイズを図るためのスーツを無料配布するというニュースがありました。このブログでも書きました。

ZOZOタウン、面白いことしますね。 体のサイズを簡単に採寸できるゾゾスーツなるものを、なんと無料で配布するとのことです。無料ってすご...

今回のサービスも、このスーツで顧客のデータを把握したうえでのサービスなのでしょうね。よく考えているものです。

定期便サービスの可能性

こういう定期便サービスって面白いと思います。

ふるさと納税でも定期的に野菜などが届くものもありますし、ワインでもおススメのワインが定期的に届くサービスもあります。

Amazonにも「定期おトク便」という、生活雑貨が定期的に届くサービスがあります。ユーザーとしては割安で購入できるだけでなく、切れそうになったものを切らさず住むというメリットもあります。米など、重いものも運ばなくていいですしね。売る側も、確実にリピートで買ってくれるというメリットもあります。

コンビニやスーパーなど、店舗型販売店への挑戦状といってもいいでしょう。

発想は定額サービスに近い

月額いくら払っていれば、サービスを受けられるという定額サービスが増えています。ついこの前も同じようなブログを書きました。

「○○放題」というスタイルが現在のトレンドであることは間違いないですね。 生活に身近なところでは飲み放題であったり、食べ放題であったり...

こういった定期便も、こういったサービスにも通ずるところがありそうですね。

例えばライカエジソンに月1500円払ったらライカエジソンおススメバンドのシングルCDが3枚届くとか、そんな感じですね。まぁCDはこういう売り方できないのですが…まぁその辺の話は今度また別の機会で。

物の売り方も、いろいろですね。昔は富山の薬売りといって、家に最初から薬を配って、使った分だけのお金をもらうという売り方もありました。これも、今から思えばけっこう斬新な売買システムです。

今後もいろんなサービスがでてきそう。楽しみですね。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする