最近読まれている記事

スポンサーリンク

QUESTIONより:世界を平和にする方法とは。お金で買えないものはなんなのか。


QUESTIONより

お金で買えないものってなんだと思いますか?


お金で買えないもの、そうですね。

一般的には愛だったり、平和、幸せ、品性、才能、人望…そんなところがあげられるかもしれません。もちろんお金に余裕があれば暖かい安全な場所でお腹いっぱい食べられるわけで、そういう意味では幸せとか平和につながるっていうのもあるわけで、無関係とは言い切れないのかもしれないですけどね。金持ち喧嘩せずっていいますし。もちろん逆にお金がないところは不幸なのかというとそういうわけでもないですよね。

スポンサーリンク

世界を平和にする方法

先日、TwitterでZOZOの前澤社長と国会議員の丸山代議士がやりあってました。ちょいちょいリアルタイムで読んでましたが、結論はでなかった感じです。

事の発端は、テロリストの人質に対して身代金を支払うべきかどうか、ということでした。国際的な共通認識としては、身代金は払うべきではないというものがあります。身代金を払うとテロリストの資金源になり、別の犯罪を助長したり、身代金目的の拉致が増える可能性があるからです。これもまた正解がないようなもので、対応が難しいものです。人の命は地球より重い、というわけで、昔はお金を払った経験も日本にはあります。

そこでテロをなくすためにはどうしたらいいか、というこれまた難しいテーマについてのやり取りが行われていたわけです。

実は自分自身は、どうしたらテロがなくなるかという問いに対してポジティブな明確な答えを持ち合わせていません。

例えば、自分の家に「2000年前にここに住んでたから、お前出ていけ」って突然人が来たらビビりますし、普通拒否しますし、相手が強引なもんなら喧嘩になりますよね。それを周りの住人も「ゆずってやれよ」「お前が出ていけば?」みたいに言うもんですから、話はどんどんややこしくなります。国際問題というのは、こういうのの繰り返しです。

正義という言葉も曖昧です。要するに誰にとっての正義か、という話になってしまうんですよね。

お金をなくすこと

そんな前澤社長は、世界を平和にする方法として「お金をなくすこと」というアイデアを持っています。

僕が考える世界を平和にする方法|Yusaku Maezawa 前澤友作|note

ちょっと極端でそんなに都合よくいかないだろうというアイデアなんですけど、個人的にはこういう極端な切り口は好きです。

現在社会がお金にコントロールされているというのはすごいわかります。そして自分自身もまた、お金にしっかりと心も体も支配されてしまった人間の一人です。凝り固まった価値観を崩すというのは容易なことではありませんね。テロについてもそうで、社会全体で「こうじゃなきゃいけない」っていう価値観を崩すということが平和へとつながるのかもしれません。

お金で買えるものにあふれている中、お金で買えないものはなんだろうか。そんなことを考えることは、こういった凝り固まった価値観を崩す一つのきっかけになるかもしれませんね。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする