最近読まれている記事

スポンサーリンク

この世の中には呪いはある!呪いで人を殺す方法はあるのか


先日、呪いの話をブログで書きました。

呪いはあるのか、という話です。

QUESTIONより:この世の中には呪いはある

QUESTIONより 呪いはたしかに日本だけではなく世界中であるものです。 いわゆるわら人形に釘を打ち付けるような、誰か特定の人間に対してダメージを与えるような内容のものが多いですね。 さてちょっと余談から入りましょう。 例えば、もし呪いで人を殺せる能力のある人がいたとして、実際に呪いで人を殺したら殺人になるのでしょうか。相手をけがさせたら傷害になるのでしょうか。 …

こちらの話の続編なのですが、GIZMODOに面白い記事がありましたので紹介したいと思います。恐怖で人は死ぬのか、という話です。

恐怖で人が死ぬことってあるの?

結論からいうと、死ぬことはあるとしています。恐怖によって生理的な障害を及ぼすことへ言及しています。

スポンサーリンク

恐怖が心臓を止める

映画で呪いで死ぬシーンとかありますけど、怖すぎて死ぬってこともあるかもしれません。人智を超えた恐怖シーンを体験させられて死んでしまったら、ある意味それも呪いでの殺人のようなものにもつながるかもしれません。

同じように、謎の心臓麻痺で死ぬ、という話もよく映画や漫画などでありますよね。

恐怖を感じると、アドレナリンがでます。アドレナリンはもちろん人間活動のためには必要なホルモンでありますが、あまりにも多く出てしまうと血液の循環にも影響を与えます。いわゆる心臓が弱い人がジェットコースターやお化け屋敷を利用させないように注意書きがあるのも、こういった理由からです。

VRと恐怖

とはいえ、日常生活でそんなジェットコースターなんて頻繁に乗るものでもないですし、恐怖体験なんてそんな周りに溢れていることでもありません。

しかし、それを可能にしてしまっているのがVRの存在です。

それが最近話題になっているVRによる斬首体験です。

VRが出始めたとき、そのジェットコースターの映像などがリアルすぎて怖い、という様子が話題になりました。実際にジェットコースターに乗っているわけじゃないのですが、生理的にも同じような作用が起きているわけで、脳を錯覚させることはVRによってそれができることがわかったわけです。

このVRの斬首体験はそれ以上の体験をすることができます。思っている以上に、人間の肉体というのは精神、脳に影響を受けているのかもしれません。彩雨さんは怖くて見てないです。

こういったVRを駆使することによって、もしかしたらこれまで人間が体験できなかったような恐怖体験をさせることもできるようになるかもしれません。それで体に影響がでれば、それこそ呪い殺すようなことにも近いですね。前にエルサゲートの話をしましたが、意図せずに悪意を持ってこういった恐怖体験をさせることで心身にダメージを与えるというのも、ある意味呪いのようなものかもしれません。

エルサゲートについてはこちらで触れてます。

スマートフォンの大普及の中で、今は3歳児でもスマホで遊ぶ時代です。以前、ちょっと子供たちと遊ぶ機会がありまして、タブレットでYouTubeを...

逆に言えば、VRを利用することによってこれまで体験できなかったような幸せ体験もできる可能性があるわけで、要は使い方の問題でもあるんですけどね。肉体と精神、脳、生理現象、錯覚…これからテクノロジーはどんな体験を与えてくれるのか、楽しみです。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする