平成最後の天皇の誕生日!来年以降の12月23日は祝日になるの?


今日12月23日は天皇誕生日です。85歳の誕生日を迎えられます。

長年続けてきた免許の更新も、ここで返上されるという報道もありましたね。天皇陛下はホンダのインテグラを長年愛車として乗り続けています。実は彩雨父もかつてインテグラに乗っていました。父が亡くなる以前の話ですので、もはや記憶にはほとんどありません。免許の更新をしないということでインテグラも退役ということでしょうが、平成の終わりとともに、そういったところも含めてなにか寂しさも感じました。

広告

平成最後の天皇誕生日

さて、12月23日が天皇誕生日として祝日であるのは今年で最後になります。

皇太子殿下は2月23日が誕生日ですので、次からは2月23日が天皇誕生日で祝日になります。

しかし来年の2月23日はまだ平成ですので、早い話が2019年は天皇誕生日がない1年間となるわけですね。

来年以降の12月23日はどうなる?

ここで気になるのは、12月23日がどうなるのか、ということです。

12月23日が天皇誕生日なのは来年まで、今後はどうなる?

昨年もこの天皇誕生日についての記事を書きました。

これまでの天皇誕生日は、「みどりの日」など名前を変えて祝日として存在しています。しかし、今後も天皇誕生日をすべて祝日にしていくと、1万年後など休みだらけになってしまいます。

昨年の段階ではこれからの12月23日はどうなるのだろうか、という感じでしたが、実はもうすでに結論が出ている話なのかもしれません。

それは、内閣府が発表した2019年の祝日一覧を見ればわかります。

国民の祝日について – 内閣府

内閣府 国民の祝日について。国民の祝日に関する法律や政令、年間の国民の祝日の一覧など。

こちらにありますが…

なんと、最後の祝日は11月23日の勤労感謝の日となっています。

つまり、今後は12月23日は祝日にならない方向になる可能性が高いです。

まぁよくよく考えますと、現在の天皇陛下は125代目です。じゃあこれまでの誕生日が祝日かというと違いますしね。現在は明治天皇と昭和天皇の誕生日が祝日となっています。近代化が進む明治維新後というタイミングと、現憲法が施行するというタイミングですので、このあたりも妥当なのかなとは思います。そして大正天皇の誕生日は祝日ではありませんからね。

12月に祝日がないということで、祝日のない月が6月、12月となりました。とはいえ、もちろん数年後に12月23日が祝日になる可能性もあります。体育の日も少したってから制定された祝日ですしね。

リアルアヤノ.メ vol.2開催

リアルアヤノ.メ vol.2の開催決定!2019年1月26日(土)、阿佐ヶ谷ロフトAにて。今回は来場者プレゼントも用意したいと思います。みなさまのご来場をお待ちしております!詳しくはこちらをご覧ください!

リアルアヤノ.メ vol.2「さようなら!ありがとう!平成最後のリアルアヤノ.メ」

【概要】 おかげさまで第一回目はチケットも即完売で、台風直撃による緊急生中継もたくさんの人に見ていただいたリアルアヤノ.メ。この度、二回目を開催することになりました。 【内容】 1.今度こそ100万字は超えたの?最近のアヤノ.メ事情 …

広告