彩雨さんはトラックボール派。未来のパソコン操作はどんなもの?


僕らが普段使うパソコンはグラフィカルインターフェース(GUI)といって、視覚的にパソコンを操作することができます。

これは当たり前じゃないかと思われそうですが、当時としては非常に画期的なことでした。パソコンを直感的に使え、さらに初心者でも自由に使うことができるようになりました。

このGUIにとって必要不可欠なものはマウスです。マウスは登場直後から基本的な操作感や形をあまり変えることないほど、非常に洗礼されたデザインであり、道具でした。

広告

彩雨さんはトラックボール

マウスのようにカーソルを動かすことができる道具のことをポインティングディバイスといいます。

マウスはもっとも有名なデバイスかもしれませんが、ノートパソコンやタブレットも一般的になっており、トラックパッドやタッチパネルでの操作もとてもメジャーな存在となりました。

絵を描く人だと、いわゆるペンタブという、ペンで操作するものもあります。

他にもトラックボールというものもあります。

これはマウスのように道具全体を動かすわけではなく、ボールを指で動かして操作するようなものです。慣れるまでは大変ですが、慣れてしまうと右腕の疲れはとても少ないものです。彩雨さんはこのトラックボールで作業をしています。

レコーディングの現場でも、エンジニアさんの多くはこのトラックボールを使います。

机全体で操作も可能?

クラウドファンディングで、机全体をトラックボールのように扱える指輪があります。

もうマウスは要らない! コンピューターを操る指輪「Padrone Ring」

これはなかなか面白そうですね。ですが、パソコンを操作している時間がそこまで長いわけでもないので、そのために指輪を1日中つけてるのもちょっと変な感じもしますけど、まぁアイデア次第でいろんな商品が登場するかもしれません。

例えばキーボードでも机全体に投影して入力できるようなものもあります。最終的にはそんな未来もかっこいいですが、意外にも文字を入力するボタンを押す感覚というのも大事なもので、どこまで将来的に振り切れるかというところも気になるところではありますけどね。

リアルアヤノ.メ vol.2開催

リアルアヤノ.メ vol.2の開催決定!2019年1月26日(土)、阿佐ヶ谷ロフトAにて。今回は来場者プレゼントも用意したいと思います。みなさまのご来場をお待ちしております!詳しくはこちらをご覧ください!

リアルアヤノ.メ vol.2「さようなら!ありがとう!平成最後のリアルアヤノ.メ」

【概要】 おかげさまで第一回目はチケットも即完売で、台風直撃による緊急生中継もたくさんの人に見ていただいたリアルアヤノ.メ。この度、二回目を開催することになりました。 【内容】 1.今度こそ100万字は超えたの?最近のアヤノ.メ事情 …

広告