彩雨さんが15年使い続けたSuicaを最も損せずに返却してきた話


モバイルSuicaに一本化するために、15年も使い続けたSuicaを返却してきました。

まぁ持っていてもよかったのですが、返却すると500円戻ってくるので、返却してきました(笑)

学生の頃は小田急線の湘南台駅へ通っていたので、地元の駅も小田急線ということでPASMOを使っていました。その後、そのPASMOをなくしたんだかなんだかで、Suicaを使い続けていました。

長年愛用したSuicaですが、かなりボロボロだったんですけど、数年前に一度なくしてしまいました。こう書くとよくなくしてそうな印象も持たれそうですが、あんまりなくさないほうです。人生で致命的な落とし物をしたのは、この一度Suicaとともにいろいろ大事なものをなくしたこのときだけです。(記名式だったので、手数料はとられましたがチャージ全額戻ってきました)

広告

Suicaを返却する前に

みなさんも、ついついSuicaなど家に何枚か溜まっていないでしょうか。これ返却すると500円戻ってくるので、ぜひ返却しましょう。

返却は簡単です。みどりの窓口でSuicaを返却したいんですけど、って言えばOKです。身分証明書が必要になります。彩雨さんはこの前、高田馬場駅でやってきました。500円ゲットです。

ですが、返却する前に注意が必要です。それは返金手数料です。

1万円のチャージがあれば、その1万円は戻ってきます。ですが、返金手数料として220円がかかるのです。1万円ならまだしも、300円位残高が残っていて220円も手数料を取られてしまってはたまったもんではありません!!!!

なので、一番損をせずSuicaを返却したいのであれば、Suicaをすっからかんにすることです。

彩雨さんはいつもSuicaに大量金額を投入するタイプですので、コンビニなどで地道にSuicaを使いつつ、ようやく全額使い切ることができました。最後はどうしてもコンビニで残高不足で残りを現金で払うという儀式が必要ですが、お客さんの少なそうな時間を見計らってやってきました(笑)

偽名登録には注意

ちなみに、Suicaの記名式は自由に名前をつけることができます。ネタでいろんな名前にした人も多いかもしれません。

しかし、身分証明書と違う名前ですと、Suicaの返却はできません。500円は戻ってこないのです。

同様に、紛失しても再発行はできません。これからSuicaを作る人は、実名で登録しましょうね。

リアルアヤノ.メ vol.2開催

リアルアヤノ.メ vol.2の開催決定!2019年1月26日(土)、阿佐ヶ谷ロフトAにて。今回は来場者プレゼントも用意したいと思います。みなさまのご来場をお待ちしております!詳しくはこちらをご覧ください!

リアルアヤノ.メ vol.2「さようなら!ありがとう!平成最後のリアルアヤノ.メ」

広告