QUESTIONより:こんなこともできる?ワイヤレス給電で実現する未来


広告

QUESTIONより

ワイヤレス給電のブログ、面白かったです。 彩雨さんはどんなシーンでワイヤレス給電ができるといいと思いますか?わたしはBluetoothのイヤホンがスマホから給電されてほしいです


Bluetoothのイヤホン、たしかにスマホから給電されると便利ですね。

昔はイヤホンを充電なんてことは考えられないことで、そう考えると電池切れだと音楽が聞けないというのは不便なものです。ですがそれ以上にワイヤレスのイヤホンというのは便利なもので、利用者も増えています。

そういう意味ではAPPLE WATCHのようなウェアラブル端末もそうで、昔は時計を充電なんてよくよく思えばナンセンスな話であります。

もしワイヤレスで充電できるようになって、こういったイヤホンや時計が勝手に充電されるようになれば、デメリットもなくなりますね。

今回は、もしこれがワイヤレス充電できたらいいのにな、というちょっと夢物語な話をしてみたいと思います。現実的には電波を飛ばして充電なんて、ちょっとハードルが高いわけなのですが。まぁフィクション半分ということで読んでください。

電気自動車が無限に走れる

自動車は定期的にガソリンを入れる必要があります。これは電気自動車でもそうで、充電はしなくてはなりません。

もし電気自動車がワイヤレス充電で道路とかあらゆるところで勝手に充電することができるのであれば、いつまでもガス欠などを気にすることなく走ることができます。

こんな便利なことはないですね!

ペットロボットもいつまでも動く

バッテリーで動くペットロボットですが、もしワイヤレス充電できるのであれば、1日中動くことだってできます。

お昼寝するようにあらゆるところで勝手にチャージして動き回れるなんて、ロボットであることを忘れてしまうかもしれません。

ちなみにですが…

新型aiboは、チャージステーションなるマットで充電できる仕組みになってまして、電池がなくなると勝手にそこで充電するらしいです。

もうすでに実現されているのですね!

発電所がなくなりクリーンになる?

最終的にはこれかなと思うんですけど、地球上から発電所がなくなります。

発電する方法はいくつかありますが、化石燃料を燃やしたり原子核融合を使ったりと、中には人間や地球環境にとって害になるケースもあります。

もしワイヤレス充電、というかワイヤレス給電が可能だとすると、例えば宇宙にでっかい太陽光パネルを敷き詰めまして、そこで発電して地球に飛ばす、なんてこともできるのでしょうか。宇宙でしたら大気の影響もないので、太陽発電も無駄なくできますしね。

実際に月面で発電をしようという試みもあるとか。

どういう仕組みでそんなことができるのかわかりませんが、そんな未来もやってくるのでしょうか。まぁ生きている間にはできないかもしれないですが、人類の未来に期待したいものですね。

広告