QUESTIONより:みんなはわかる?パンケーキとホットケーキの違い


広告

QUESTIONより

パンケーキとホットケーキの違いはなんだと思いますか?


ホットケーキというのは昔からありますが、パンケーキってのはどうなのでしょう。

少なくとも自分の記憶ですと、ハワイ系のめっちゃ高くクリームを盛ったパンケーキブームが来るまで、そこまで”パンケーキ”という単語はホットケーキほどは定着してなかったイメージがありますね。

最初はああいうふうにめっちゃクリームを盛ったものをパンケーキというのかなと思ったこともありましたが、ハワイでもお店によっては日本のホットケーキのようなパンケーキを出します。

(ハワイに行ったことはないですが、テレビでやってました)

いい機会ですので、ホットケーキとパンケーキの違いを調べてみました。

パンケーキのパンとは

材料による呼称の差異はありません。

小麦粉、ベーキングパウダー、卵、牛乳あたりがベースで、いろいろ入れたりしたところで呼称が変わるわけではありません。

パンケーキというのは、パンで焼くケーキのことをいいます。

パンというと日本のイメージですと食パンのブレッドとしてのパンを思い浮かべがちです。

ですが、パンケーキのパンは、鍋のことをいいます。フライパンとか、そのパンです。

鍋で焼くケーキをパンケーキというのです。

つまり、クレープのように薄いものでもパンケーキの一部なのです。

さらに言ってしまえば、ホットケーキもまたパンケーキの一種といえるのです。

ホットケーキは日本語

ではホットケーキとはいったいなんのことでしょうか。

https://sirabee.com/2015/07/07/39539/

こちらのサイトに詳しい説明がありました。

「もともと、1884(明治17)年にウィルレム・チャンブルが編集した書物を文部省が翻訳し、丸善商社出版社から出版された『百科全書』に『薄餅』(パンケーキ)と日本に紹介された食べ物が、1923(大正12)年にデパート(日本橋)の食堂に『ハットケーキ』として供されました。

それが、1931(昭和6)年に『ホットケーキ』と呼ばれるようになりました。起源は同じもの(パンケーキ)ですが、この時の甘くておいしい食べ物がホットケーキ』として日本に浸透するようになったわけです」

https://sirabee.com/2015/07/07/39539/

ホットケーキというのは、あくまで日本でしか通用しない、和製英語ってやつですね。

ちなみに上記のサイトには森永製菓が販売しているホットケーキミックスとパンケーキミックスの違いについての記述もあります。

甘さの違いと膨らみの違いがあるそうです。

ですが、自分でいろいろ調べてみたところ、やはり自分の考える違いというのは、パンケーキという大きなジャンルの中の、日本ならではのホットケーキ、というところが一番すっきりしましたね。

大正時代にこういったホットケーキを食べた人はきっとびっくりしたでしょうね。今でも多くの人々に愛されるホットケーキ、もちろん海外からきた文化ですが、近代日本にはなくてはならない食べ物の一つといえるでしょう。

広告