QUESTIONより:アメリカンコーヒーはどうして薄い?エスプレッソはどうして濃い?


広告

QUESTIONより

彩雨さんはコーヒーは薄めと濃いめ、どちらが好きというのはありますか? アメリカンコーヒーは薄めというのは知っているのですが、逆の濃いめってなんていうんだろうと気になりました。 彩雨さんが知っていたら教えてください。


コーヒーは薄いのは実はそんなに好きではありません。お店でアメリカンコーヒーを頼むことはないですね。

だからといって喫茶店でエスプレッソを頼むかというと、あまり頼まないですね。普通のブレンドコーヒーを飲みます。

そういえばカナダにライブにいったときは、コーヒーが薄かった印象があります。アメリカではないですが、カナダもアメリカンコーヒーなのかな。

アメリカンコーヒーは日本語

アメリカでアメリカンコーヒーといっても伝わりません。これは日本で登場した言葉です。

本来はあまり焙煎していない豆を使って、多めのお湯で作るコーヒーのことをいうようです。

そこまで苦くないので、基本的にブラックで飲みます。

コーヒーをお湯で割ったもの、と考えている人も多いかもしれませんが、そういうわけではありません。

ただ、一部の喫茶店はそういう作り方をしているところもあるのかも…?

アメリカで登場したコーヒーであることには変わりなく、開拓時代に物資がない状態でコーヒーを飲むので、必然的にそうなったという話もあります。

エスプレッソは最近登場したもの

濃いコーヒー、という意味ではエスプレッソが思い浮かびます。

高圧力をかけてギュッと濃縮したコーヒーです。特殊な機械がなければ作ることができません。エスプレッソマシーンと呼ばれるものです。

この高圧力が独特な濃さと味わいをもたらします。

また、通常のコーヒーと比べてカフェインが少ないという話もあるそうですが、これは諸説あるみたいですね。

イタリアではコーヒーというのはエスプレッソのことを意味するなんて話もありますが、そうなのかな。

行ったことないのでわかりませんが。

エスプレッソってちょっと調べてみると面白いですね。登場したのは1900年代初頭で、本格普及してからまだ100年ほどです。

普段エスプレッソを飲まない人も、カプチーノなどは飲むことはあるでしょう。

カプチーノやカフェラテもエスプレッソから作ります。

冷たいアイスクリームに熱いエスプレッソをかけて食べるアフォガードとか、けっこう好きです。

コーヒーの話をしていたらコーヒーが飲みたくなってきました。

広告