プレイステーション4のリモートプレイがiOS対応に!彩雨さんの考えるこれからのゲーム像


プレイステーション4のリモートプレイで、ついにiOSに対応するというニュースがありました。

これまでもXpediaではプレイ可能でしたが、iPhoneでできるようになったことで、さらに多くのユーザーがリモートプレイができるようになります。

広告

リモートプレイの可能性

これまで、パソコンではプレイステーション4のリモートプレイが可能でした。

プレイステーション4のコントローラーはUSB対応ですので、パソコンの性能とネットワークの性能がそこそこあれば、そこそこのプレイが可能とのことです。

パソコンに関しては自宅で試したことがありましたが、残念ながらグラフィック性能がイマイチでして、そこまで快適にプレイすることはできませんでした。

5Gの普及を見据えて

SONYはPS VITAでもいち早くネットワークに対応させるなど、多くの試みをしてきました。

しかし当時はまだ3Gの時代です。

その後、スマートフォンの普及とともにゲーム業界の稼ぎ頭がスマホゲームへと移行します。

2019年は5Gの時代となります。しかし、すぐに生活が一変するわけではありません。インフラ整備、そしてそれからサービスが登場します。

このリモートプレイというのも、ゲーム業界の選択肢の一つかなとは思います。

ニンテンドースイッチは、自宅でも外出先でも同じようにゲームができる端末となっています。これも一つの選択肢です。

プレイステーションはネットワークを駆使したリモートプレイで、自宅でも外出先でも同じようにゲームができる方向を目指しているのかなとも。

PS VITAは生産終了となりましたが、次世代のポータブル機は出さないという見方が濃厚という噂も、こういったところと関係しているのかなとも。

しかし、このリモートプレイのニュースをみて、おそらくスマホでは快適なゲームができるはずはない、と否定的に考える人が多いのではないかと思います。

てか、実際にそうだと思います。

おそらく、このリモートプレイは5Gの時代を見据えての展開です。高速化、そして大容量化が快適なリモートプレイを可能にします。

最終的には、家でも外でも全てがリモートプレイになるのかなとも。ゲーム機という概念もなくなるんじゃないかな。

ネットワークに繋がるスマホ、テレビ、パソコン、それとコントローラーがあればどこでも高性能なゲームができる感じですね。

今回のリモートプレイ、残念ながらiPhone6は古すぎで対応していませんが、これからぜひ注目していきたい分野です。

広告