スポンサーリンク

彩雨さんは掃除が嫌い


これから年末にかけて、大掃除の季節になります。彩雨さんは掃除が嫌いなのですが、今年の年末はバンドのスケジュールもゆとりがあり、ちょっとさすがに掃除しないとなと思っています。

昨年はアルバム制作&引っ越しで、どうやって12月を過ごしてたかわからないくらい忙しかったです(笑)

スポンサーリンク



大掃除、捨てたいけど捨てられない家電&パソコンに注意

さて、大掃除をすると必ず出てくるのが不用品。ですが、ゴミと一緒に捨ててはいけないものがあります。それが家電とパソコンです。

家電は家電リサイクル法により、きちんと法令に乗っ取ってリサイクルしないといけないことになっています。具体的にいうと、冷蔵庫、洗濯機、テレビ、エアコンの4つです。これが家電リサイクル法でいうところの家電になってるので注意です。

パソコンも同様にゴミとして捨てることはできません。具体的には「資源の有効な利用の促進に関する法律」(2001年4月1日から施行)と「パーソナルコンピュータの製造等の事業を行う者の使用済パーソナルコンピュータの自主回収及び再資源化に関する判断の基準となるべき事項を定める省令」(2003年10月1日から施行)という法律によって、再利用できるところは再利用するために勝手に捨ててはいけないのです。

じゃあどうすれば?パソコンや家電を捨てるためには

家電は、ヨドバシカメラなど家電量販店でも有料で引き取ってもらえるサービスがあります。家電の場合は新しく買いかえるケースも多いかと思いますが、買うときにも前の家電をどうするかという選択ができるはずです。そこで宅配業者にそのまま引き取ってもらうのが一番スムーズでしょうね。

パソコンは、自治体に小型家電リサイクルとして引き取ってもらうことができます。小型家電というのは、パソコンの他にもスマホや携帯ゲーム機、iPodなんかも含まれます。こういうのも勝手に捨ててはいけないのです。

無料で引き取ってくれるサービスもある

パソコンは無料で引き取ってもらうサービスもあります。いらない段ボールに不要の電化製品、パソコンなどを詰めて着払いで送るという仕組みで、昨年の引っ越しのときこれで古い電化製品をけっこう処分しました。どんな製品を受け取ってもらえるかは業者によるので、確認してみてください。



引き取り業者としては、全国から集まったパソコンなどを分解し、パーツを売ったりすることで収益をあげてるみたいですね。いろんな仕事があるものです。

ハードオフに売るって方法も?

これも引っ越しの時やったんですけど、いらなくなったPCパーツや機材をハードオフにまとめて売りました。いくつかは値がちゃんとついて、予想以上の金額になりました(笑)

値がつかなくても無料で引き取ってもらえるケースもあるので、近くにそういうお店があれば持っていくのもいいかもしれないですね。余裕があればメルカリやヤフオクに売るなんて方法もありかもしれないです。

まとめ

大掃除、ゴミの分別をするのはめんどいですが、家電やPCは自然に有害な物質が含まれている可能性もあり、資源節約のためにもきちんと正しく捨てましょうね!パソコン捨てる前に、パソコンの中の黒歴史はいつか思い出になるかもしれないので、バックアップ取っておきましょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク