最近読まれている記事

スポンサーリンク

初夢はなぜか札幌が舞台という2018年


一富士二鷹三茄子、なんて言い方をします。初夢でよくいう言葉ですが、1日目に富士山、2日目に鷹…という意味ではなく、初夢で見ると縁起がいい夢のランキングが富士山、鷹、茄子という意味です。

年が明けてからの最初の夢ですが、初夢は大晦日から元旦で見る夢ではなく、1日と2日の間、もしくは2日から3日の間に見る夢のことをいいます。ただ、以前は大晦日から元旦で見る夢も初夢とした記述もあるようで、説としては3種類あるわけです。現代では2日と3日に見る夢という考え方が一般的のようです。これは、大晦日から元旦、1日と2日の間はバタバタしている人が多いので、落ち着いた2日と3日の間の夢を初夢としよう、ということのようです。

スポンサーリンク

どんな夢を見ると縁起がいいのか?

一般的に縁起がいい夢というのは、富士山、鷹、茄子とされています。なかなかピンポイントですね。静岡県や山梨県に住んでおられる方が富士山の夢を見る可能性はありますが、なかなかこれらの夢を見る機会は少ないように思えます。

富士山はまぁわかるとして、鷹は賢くて強い鳥であることから、そして茄子は「成す」が転じてということで、目標が達成する1年ということで縁起がいい夢とされています。

調べてみると一富士二鷹三茄子の続きとして四扇五煙草六座頭というランキングもあります。扇は広がっているということで、反映を象徴するもの。タバコは煙が上昇するので縁起がいいとされています。座頭というのは江戸時代の盲人の階級の一つとのことです。4番目以降は他にもいろいろ説があるようですね。知りませんでした。

縁起がいい夢としては、赤ちゃんがでてくる夢だったり、太る夢なんかも当てはまるようです。また、逆に自分が死ぬ夢だったり、地震や家事の夢なんかも、縁起がいい夢とされています。ネガティブイメージですが、再生を暗示するテーマとなっています。ちょっと怖いですけどね。

同じ怖い夢でも、夢の中で自分と会う夢は縁起が悪いとされています。海外でもドッペルゲンガーなんて話もありますしね。また、誰かに追いかけられる夢も悪夢の一つとされています。怖い夢にも良いものもあれば悪いものもあるということです。

縁起が悪い夢は逆夢として、逆に縁起がいいとされている一方で、予兆としてよくないことが起きるのではないかという考え方もあります。まぁ、ようするに捉え方一つということです。

彩雨さんの初夢

変な夢でしたね。札幌でオフがあり、なんかコンビニ兼バーみたいな不思議なところで知人のバンドマンの方と飲んでる夢でした。一応正月という認識もあったみたいで、お正月だから品揃えがねー、なんて話をしてました。せめてコンビニに茄子でも置いてあればよかったのですが、野菜コーナーがあったかどうか定かではありません。また、札幌の町並みとは一致してないのですが、確実に札幌にいるという認識でした。残念ながら富士山は見えませんでした。

うーん、意味深なのかどうなのか。縁起がいいのか悪いのか、さっぱりわかりませんね。

夢分析は面白いけど怖い

夢分析なんていう心理学もあります。これがまた妙に当たっているので嫌なところです。また、夢日記なんて話もありますね。夢は見た内容をすぐ忘れやすい特徴があるのですが、夢をすぐメモするような夢日記を付けると夢がだんだんリアルになっていったり、夢の中で自由に動き回ることができる明晰夢が多くなるなんて話もあります。その結果、寝ている間にしっかりと脳を休めることができないとされています。今回は初夢だったのでしっかり内容を覚えていたのですが、基本的には夢の内容は起きたらすぐに忘れてしまうのがいいみたいですね。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする