最近読まれている記事

スポンサーリンク

QUESTIONより:ドラえもんが開発される日


QUESTIONより

いつも楽しく読ませて頂いております。 この前のドラえもんの記事があったのを思い出したので質問させていただきます。私らがドラえもんをよく見ていた頃は、欲しいひみつ道具を話し合ったこともありましたが、彩雨さんはもしひみつ道具が手に入るとしたら何が欲しいですか?また、いつか本物のドラえもんが出てくるのではないかと今か今かと待っているのですが、ドラえもんが開発される日は来るのでしょうか…彩雨さんの考えを教えてください!


ドラえもんが開発される日…いったい、いつ来るのでしょうか。作中ではドラえもんの誕生日は2112年です。残念ながら、その日まで生きているのは難しいかもしれませんね。

スポンサーリンク

科学技術のペース

このブログでも同じようなことは書いてますが、残念ながら人類の科学技術は思っていたほど発達してない感はあります。空飛ぶ車も、テレポーテーションも、宇宙開発も、まだまだです。100年先とはいえ、今の感じでドラえもんが実際に生まれるのは難しいようにも思えます。

涙が止まらない…!ファンが作った『ドラえもん』の最終回が感動的すぎる – NAVER まとめ

昨年話題になった、非公式のドラえもん最終回でも、出木杉くんが同じようなことを言っています。

衝撃!2045年以降の人間社会は予測不明である理由

コンピュータの性能は、コンピュータの誕生以来すごい勢いで向上しています。現在は人工知能、AIの研究も進められ、コンピュータ新時代の到来はすぐそこにあるかのように思えます。 そんな中、AIがAIを作る、というニュースが飛び込んできました。 GoogleのAIが自力で「子AIの作成」に成功、しかも人間作より優秀 | BUZZAP!(バザップ!) これはいったいどういうことなのでしょうか? …

前に2045年以降の人間社会は予測不能である、というブログを書きました。科学技術の発展は、どこかのポイントを堺に予測不能のペースで進んでいく可能性があります。そうなると、もしかしたら2112年くらいには、ドラえもんのいる世界のような発展の仕方をしているかもしれません。

それでもタイムマシンやワープは無理?

将来、ドラえもんが登場したとしても、タイムマシンはどうでしょう。

タワマン最上階に住んでるやつが時代の先を行くというのは物理学的にも正しい?

アインシュタインの一般相対性理論によると、重力が強いところのほうが時間の流れが遅くなります。 どういうことかというと、タワマンの最上階に住んでいるスカした野郎が先にジジイになっていくという素晴らしい理論です。 …

以前、相対性理論についてのブログを書きましたが、未来へ行くことよりも過去に行く方が難しいとされています。光の速さを越えるものは、世の中に存在しないということです。ワープに関しても、瞬間移動のようなものは難しいかもしれません。何万光年先へひとっ飛び、なんてのはさすがにちょっと既存の物理学ではどうなんでしょうか。

夢は広がる

未来というのは、本当に夢が広がるものです。今は不可能と思っているものも、未来にはきっち実現可能になっていることでしょう。あれこれ想像するのは楽しいです。

ちなみにドラえもんのひみつ道具で一番欲しいのはもしもボックスですかね。

QUESTIONより:ドラえもんのひみつ道具、最強なのは間違いなくコレ!

QUESTIONより どこでもドアがあれば移動も楽なのに…なんてのは世界中のバンドマンも同じことを思っているかもしれませんね。 …

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする