クリスマスイブに聞きたい彩雨さんイチオシのクリスマスソングを紹介


クリスマスソングといえばみなさんは何を思い浮かべるでしょうか。

日本のポップスだけでもたくさん思い浮かべるものはありますね。摩天楼オペラの楽曲にも「SHINE ON」というクリスマスソングがあります。

たくさんあるクリスマスソングですが、世界的にもっとも有名といってもいいかもしれない曲の一つが「きよしこの夜」です。

そんな「きよしこの夜」が、今年で初演から200年を迎えることになるそうです。

「きよしこの夜」を生んだオーストリアの村、初演から200年をお祝いへ(AFP=時事) – Yahoo!ニュース

200年を長いとみるかどうかみるかはそれぞれです。日本では当時は江戸時代末期の文政元年にあたります。個人的にはもっと昔からの民謡が転じて登場した曲かと思っていました。

広告

讃美歌にあるクリスマスソング

彩雨さんは中学高校とプロテスタント系の学校に通っていたので、讃美歌を歌っていました。讃美歌にはもちろん「きよしこの夜」も含まれていますが、他にもたくさんあります。

ちなみに「きよしこの夜」は讃美歌109番になります。

有名なものですと、「もろびとこぞりて」も有名です。「Joy to the World」という英語版も聞いたことある人も多いことでしょう。讃美歌112番になります。

中高時代によく歌ったのは「荒野の果てに」です。懐かしい。讃美歌106番になります。GLORIAという歌詞の「ロ」のところをめっちゃ伸ばします。自分の中でGLORIAというとこの曲のイメージが強いですね。

讃美歌103番の「まきびとひつじを」も有名ですね。この優しく暖かい感じがなんともいえません。

数あるクリスマスソングの中でも一番好きな曲は、讃美歌111番の「神の御子は今宵しも」です。この重厚感がたまりませんね。

ちなみに彩雨さんの学校は日本語タイトルはそれほど重要視されておりませんで、番号で認識する形でした。学校の方針なのか、プロテスタントの方針なのか、そうなってましたね。知人にカトリック系の学校の出身者がいますが、讃美歌(カトリック的には聖歌だけど)の日本語タイトルがどんどんでてきてましたね。

ではみなさん、いいクリスマスを!

リアルアヤノ.メ vol.2開催

リアルアヤノ.メ vol.2の開催決定!2019年1月26日(土)、阿佐ヶ谷ロフトAにて。今回は来場者プレゼントも用意したいと思います。みなさまのご来場をお待ちしております!詳しくはこちらをご覧ください!

リアルアヤノ.メ vol.2「さようなら!ありがとう!平成最後のリアルアヤノ.メ」

【概要】 おかげさまで第一回目はチケットも即完売で、台風直撃による緊急生中継もたくさんの人に見ていただいたリアルアヤノ.メ。この度、二回目を開催することになりました。 【内容】 1.今度こそ100万字は超えたの?最近のアヤノ.メ事情 …

広告