平成になってからちょうど30年、あの日にいったいなにがあったのか


昨日は昭和天皇が崩御されてから30年、そして今日は元号が変わり30年という節目の日になります。

今でこそ西暦ベースの世の中になりましたが、当時はまだまだ元号ベースで年数をカウントする人も多かったので、それこそ元号が変わるというのは非常に大きな出来事であったことでしょう。

広告

元号が変わる日

もともと前の年より昭和天皇の体調はすぐれない状態でした。元号が変わるというのは、すなわち天皇陛下の崩御を意味するわけでしたので、当時は平成に元号が変わるといっても、新時代の幕開けというよりかは、昭和の終わりという印象が強かったことかもしれません。

多くのイベントは中止になりました。年明けまもなくのタイミングであったということで、手帳やカレンダーなども刷りなおしたかもしれないですね。

YouTubeにこの30年前の1日のテレビ放送をまとめたものがありました。今となってはとても貴重な映像ばかりですね。

激動の30年

そして今年は元号がまた変わります。

平成という激動の30年に関しては1月26日に行われるトークイベントでも触れていきたいのですが、社会の変化、テクノロジーの変化、考え方の変化、そして音楽の変化、このあたりを分析するととても興味深いつながりが見えてきますし、そこから新時代の社会について、新時代の音楽についても見えてくることもあるかもしれません。

トークイベントの準備も進めてますが、なかなか面白いテーマになりそうです。こちらのほうもお楽しみに!

リアルアヤノ.メ vol.2開催

リアルアヤノ.メ vol.2の開催決定!2019年1月26日(土)、阿佐ヶ谷ロフトAにて。今回は来場者プレゼントも用意したいと思います。みなさまのご来場をお待ちしております!詳しくはこちらをご覧ください!

リアルアヤノ.メ vol.2「さようなら!ありがとう!平成最後のリアルアヤノ.メ」

【概要】 おかげさまで第一回目はチケットも即完売で、台風直撃による緊急生中継もたくさんの人に見ていただいたリアルアヤノ.メ。この度、二回目を開催することになりました。 【内容】 1.今度こそ100万字は超えたの?最近のアヤノ.メ事情 …

広告