今年は暖冬…だけど大雪の可能性も?気になる黒潮大蛇行とは!


2019年になってから、東京は雨がまだ降りません。クリスマスイブから雨が降ってないということで、実はもう長いこと傘をさしていません。

東京ですと観測史上最長の雨がない期間は21日間ということで、やや記録も見えてきたところです。ですが、明日はもしかしたら初雪になるかもしれません。

広告

全国的には雪も多い

東京にいるとピンときませんが、全国的には大雪の地域は多いです。

北海道、東北、北陸では雪がひどく、新千歳空港では二日間を空港で過ごした人もいるほどです。多くの人がお正月休みが終わるタイミングでしたので、大変な思いをされた方も多くいらしたことでしょう。名古屋など太平洋側でも昨年末に積雪があるなど、けっして雪が少ない冬というわけでもありません。

東京では最近でも15度近くまで暖かくなるような日もあり、雪と言われてもピンとこないような冬かもしれませんね。とはいえ、明日は積雪とはならないでしょうが、都心でも一時的に初雪を観測できるかもしれません。

暖冬だけど大雪に注意?

とはいえ、今年はやはりエルニーニョ現象です。

2年ぶりにエルニーニョ現象が発生!ところでエルニーニョ現象って意味わかる?

暖冬であると予測はされていましたが、たしかに今シーズンの冬は暖かいようにも感じます。

暖かいので昨年のような大雪にはならないのかな、とも思いがちですが、そういうわけでもない可能性もあります。

その理由が、偏西風と黒潮の蛇行です。特に黒潮については、ここ近年大きな蛇行が見られています。黒潮というのは南からやってくる暖かい潮の流れのことで、日本海流とも呼ばれます。

これまでも黒潮大蛇行のときに東京が大雪になるというのを繰り返しています。昨年はまさにその典型例となった年でした。では現在の黒潮はどうか気になるところです。

2019年1月17日までの黒潮「短期」予測(1月4日発表) – 黒潮親潮ウォッチ

こちらによるとまだ黒潮大蛇行の状態といえるようですね。

となると、今年は暖冬とはいえ、昨年のような大雪の可能性も十分ありえるということなのでしょうか。

今月26日のトークイベント、まさかの大雪にならないことを祈るばかりです。

リアルアヤノ.メ vol.2開催

リアルアヤノ.メ vol.2の開催決定!2019年1月26日(土)、阿佐ヶ谷ロフトAにて。今回は来場者プレゼントも用意したいと思います。みなさまのご来場をお待ちしております!詳しくはこちらをご覧ください!

https://t.co/Zp4PW7bMhB

広告