今日は立春、まさに春のような天気だからこそ気をつけたい3つのこと


寒い日が続きます。まぁ1月、2月ですからね。そりゃ寒いですよ。

でもみなさん、昨日は久々にポカポカ陽気でしたが、なんと今日の最高気温予想は3日現在の予報だと19度です。

2月頭に19度って、すごい不思議な感じ。暖かいのはありがたい話です。

広告

今日は立春

今日は立春です。暦の上では春になる日です。

まさに立春にふさわしい天気ですね。

立春というのは暦で決まっているものですので、実は立春になる瞬間というのがあります。

2019年の場合は、2月4日の午前3時14分が立春の瞬間です。

ちなみに節分ってありますが、必ず立春の前日が節分になります。季節を分けるので節分なのです。

春が来るというのはありがたいことですが、注意しなければならないこともあります。

春の嵐が吹き荒れる

しかし、少しずつ暖かくなっていくと風が強まります。

いわゆる春の嵐というやつです。

だいたい3月から5月ごろに吹き荒れる強風で、場合によっては台風クラスになることも。

少し早いですが、今日も西の方は4月並みの天気ということで、春の嵐のような風がふくようです。

花粉のシーズンが始まる

みなさんも気になっているところでしょうが、春といえばスギ花粉です。

南風と気温上昇の影響で花粉飛散が開始か「やや多い」予想も – ライブドアニュース

この気温上昇と風の影響によって、いよいよ花粉シーズンも始まります。花粉所の人は今日あたりジワジワはじまるかもしれませんね。

また、今年は花粉量が非常に多いという予報もあります。山陰地方では昨年の9倍、関東地方でも昨年の7倍ほどの花粉となる可能性もあり、注意が必要です。

寒の戻り

このまま春になるのか、と思いたいところですが、残念ながらすぐに寒くなります。寒の戻りなんて言葉もありますが、まぁいつもの2月になるだけです。

週末には雪予報もでています。積もるほどの雪にはならなさそうですけどね。昨年にくらべると、まぁ今年のほうが過ごしやすい冬のような気もします。

寒暖差が激しい気候となりますので、みなさんも体調にはお気をつけてお過ごしください。

広告