QUESTIONより:バンドマンとインフルエンザ


広告

QUESTIONより

10月に入りインフルエンザ予防接種受付の季節がやってきました。会社負担でインフルエンザ予防接種を受けるよう社内でお知らせが毎年入ります。バンドマンはの方はインフルエンザ予防接種受けたりしますか?


このあたりは人にもよりますが、予防接種を受けるときもあれば受けないときもあります。

予防接種を受けてもかかる人はかかるという話もありながらも、予防接種を受けていたらかかっても重篤化しにくいというメリットもあります。

バンドマンの場合は自宅でやる仕事も多いので、外に出られなければ仕事が進まないというわけでもありません。しかし重篤化すれば仕事もできないので、ここは大事なところですね。

昨シーズンはインフルエンザすごかったですよね。

健康診断も予防接種もやらせるべき

もし自分が多くのバンドを所属させる事務所を運営しているのであれば、所属させている子たちには事務所負担で予防接種をやらせます。

なんだかんだで

バンドマンの健康=事務所の稼ぎ

だからです。

しかし、残念ながらこれを実践している芸能事務所は少数派でしょうね。

もしみなさんの会社が会社負担でそういった予防接種を受けられるのであれば、やるべきです。

ロート製薬は風疹の予防接種も無料でやらせるみたいですね。

ロート製薬、従業員全1700人に無料で風疹予防接種(産経新聞) – Yahoo!ニュース

こういうのってとても大事です。先日の睡眠報酬制度もそうですが、社員の健康を管理する大事さというのを経営側は軽視してはいけないようにも思えます。

予防接種は11月がいい

インフルエンザの予防接種は即効性があるわけでもなく、効果が続く時間にも限りがあります。流行時期を考えると、予防接種は11月がいいというのが一般的です。

9月、10月からインフルエンザは徐々に出始めていて、もうすでに休校している小学校もあるのだとか。こういったシーズンが遅ければ春になっても続くわけですから、そう考えるとかなり長いですね。

今シーズンのインフルエンザはどうなんでしょうね。昨シーズンみたいな流行がなければいいと思いますが、こればかりは難しいですね。昨シーズンのような流行っぷりにならないことを祈りたいものです。

ちなみに昨シーズンのインフルエンザの記事はこちらです。興味のある方はどうぞ。

12バンドか13バンドあれば1バンドはメンバーがインフルエンザでもおかしくない

悩ましいインフルエンザ、みんな大丈夫かな?

広告