フジテレビは開局60年、当時のテレビ事情はこんな感じ!


今日はフジテレビが開局して60年となります。

フジテレビは1959年に放送がスタートしました。

広告

1950年代はテレビの時代が始まる

テレビの技術は戦前からありました。戦前でも日本でテレビ放送は存在していました。

その後の戦争でテレビ放送はストップします。日本でテレビ放送が本格化するのは1950年代のことです。

1950年に放送法や電波法など、テレビにまつわる法律が制定されます。

1952年には日本で初めて民間の会社がテレビを販売します。ちなみに最初に販売したのはパナソニックです。そして1953年にはシャープもこれに続きます。

どちらも歴史のある会社ですね!

この頃はNHKの他にも日本テレビが放送を開始していました。もちろん白黒放送ですよ。

小さなテレビの前に大勢の人が集まる様子など、映画のワンシーンなどで見たことがある人も多いことでしょう。スポーツ中継などが大人気でした。

今のような薄型で大きなテレビを見たらびっくりするでしょうね。

1960年代はテレビ放送が定着する時代

50年代の後半は、まさにテレビが一気に広がるときです。フジテレビなど、多くのテレビ局が開局します。

また、1958年には東京タワーも登場し、そこからテレビ放送の電波を送信し、遠くの人でもテレビを楽しめるようになります。

1959年の4月には、皇太子様のご成婚がテレビ中継され、その中継がテレビの普及に拍車をかけたという話もあります。

そして60年にはカラー放送がはじまり、そして今に至るのです。

今となっては、家庭にテレビがあるのは当たり前です。テレビはこの60年、非常に強い影響力を持つ巨大なメディアとして君臨しています。

テレビがない時代は、いったい何をしていたのでしょうね。

今となっては想像しがたい世界です。頭ではなんとなくわかっていても。

広告