破壊セラピー、破壊ビジネスとは。驚異的なストレス発散法に世界が静かに注目!


彩雨さんは怒ってもあまり物を投げたり壊したりというようなことはしないですし、破壊衝動という経験はあまりありません。

いや、自分でまだそこまでブチキレたことないだけかもしれませんが…

そしていつぞやもなにかでお話しせたことあるかもしれませんが、物に当たる人はあまり好きではないですね。とりわけ女性ですが。

広告

破壊衝動とストレス発散

しかしながら、ストレス発散は人それぞれ。

方法は色々ありますが、その中でもメジャーなストレス発散方法として、物に当たるというものがあります。

その辺にある物を投げたり壊したり。

昔でいうところのちゃぶ台返しとかまそうでしょう。

ネネちゃんのママみたいにぬいぐるみを殴るとかしてる人もいるかもしれません。

ゲームでストレス発散というのも、ある意味バーチャルであれど破壊衝動というところにもリンクしてるところもあるのかなとも。

格闘ゲームとかアクション系とか。

ドバイではスマッシルームと呼ばれる、ストレス発散のために車を壊すことができる部屋もあるそうですよ。

怒りとストレスの緩和セラピーとしてあるみたいですが、スケールがでかいですね。

破壊セラピーなるもの

こういう施設は破壊セラピーともいわれ、類似として皿を割るとか、いろいろあります。

ロシアでは部屋にあるものなんでも壊していいというサービスもあるみたいです。

現在は七割ほどの人がイライラで物に当たる経験があるという話もあります。

まあたしかにイライラしながら毎日過ごすよりかは、こうやって合法的に物に当たる方がいいのかもしれませんけどね。

個人的にはちょい苦手かもしれません。なんか壊したあとって、その後それ見て虚無感過ごそう。

日本でも似たようなサービスを展開しているお店もあるようで、メディアなどに積極的に取り上げられることもあるかもしれません。

ストレス溢れる現代社会、破壊セラピー、破壊ビジネスなんて言葉が定着する日も来るのでしょうか。

広告