Googleの新製品発表!Pixelシリーズが日本上陸へ


Googleがこちらも毎年恒例になっていますが、秋に新製品の発表「Made by Google」がありました。

2年前の記事はこちらです。

インターネットの次のステップとは?Google新商品から考える。

今年の発表も興味深い商品がありました。

広告

ついに日本上陸!Pixel 3

PixelシリーズというGoogleが発売しているスマートフォンがあります。海外では売られていましたが、これまで日本では売られていませんでした。

その最新機種であるPixel 3が日本でも発売することになりました。

今回の目玉はFeliCa対応ということです。外資系メーカーがAppleに次いでGoogleもFeliCaに対応させたというのはとても大きなことです。

日本というマーケットを意識したということも大きいでしょうが、現在はSuicaの利便性が海外でも静かに話題になっているようで、もしかするとFeliCaがそのまま海外でも標準になるというすさまじいミラクルが絶対に起きないとは言い切れない状況になってきました。

Pixel 3ですが、値段はなかなか強気です。

Pixel 3が9万5000円、Pixel 3 XLが11万9000円からとなっています。

iPhoneも高騰していますが、スマホの高騰はトレンドになってますね。

Androidじゃないタブレット、Pixel Slate

新しいタブレットも登場しました。

Pixel Slateです。

Surfaceなどとおなじように、タブレットにもなるし、別でキーボードを取り付けることができるようになっています。iPadもキーボードありますし、三社とも同じようなアプローチなのが特徴ですね。

今回のPixel Slateですが、OSはChrome OSを採用しています。Androidではありませんでした。Chrome OSというのはまだあまり普及していませんが、WEBブラウザChromeだけが動くパソコン、みたいなイメージです。

あえてWindowsでもMacOSでもないものを選ぶのもありかもしれない

個人的にも注目しているOSで、いろんなソフトが動かせるわけにはいかないかもしれませんが、文字を書くだけなら軽くて安い端末がいいですし、ブログ書いたり授業の準備くらいでしたら問題なくできますしね。

Googleが自らChrome OS対応の機器を出してきたことは、今後他メーカーの商品にも影響を及ぼすかもしれません。

日本では今回は販売されないようですが、数年後に登場するかもしれません。キーボード付きタブレットで800ドルということで、iPadやSurfaceとまぁだいたい同じくらいの価格帯です。実際日本で売られたとしても同じ価格帯だったら違う選択しちゃいそうだな。

 

秋はAmazon、Googleに次いで次はAppleの第二弾の発表があります。こちらでは新型iPadやMacbookの登場が期待されるところですが、iPadのLightningケーブルが廃止になるという噂が濃厚です。この辺りが注目されそうですね。

広告