QUESTIONより:髪を染めるのは不良の象徴?髪は染めるべきか否か


広告

QUESTIONより

全然テクノロジーでも音楽でもない質問なのですが、あやめさんは派手髪もうしないのですか?髪色 心境とかで検索するといろいろ出てきますが、金髪また見たいです!


金髪、赤髪、いろいろやってきましたね。

この髪色についてはインストアイベントなどでもよく聞かれることなのですが、もうしないというわけではありません。今してないだけです。

不良の象徴

平成の30年間、いろいろと社会が変わりましたが、この髪色についてもそうです。

少し前の記事ですが、興味深い記事がありました。

かつては不良の象徴だった茶髪「黒髪信仰」があった日本 – ライブドアニュース

平成時代にファッションとして受け入れられてきた「茶髪」。かつては不良の象徴のように扱われ、平成が終わろうとする今では信じられないような出来事もありました。「潮目」が変わったのはいつか?「茶髪」にざ


気づけばもう長いこと髪を染め続けてますね。自分の場合は別に不良になりたいと思って染めてるわけじゃありません。

欧米コンプレックスがあって髪を染めているわけでもありません。

真っ黒だと、毛量が多いのもあってか、ちょっと重たくなるんですよね。

黒髪であるべきだとか、いろんな意見もあるかと思いますが、似合ってればいいのかなと思います。

平成を振り返りますと、一時期はみんなが染めていた時期もありました。ですが昨今は染めない人も増えています。

ライブハウスの2階席でお客さんを見ていると一目瞭然で、昔はいろんな色が入り混じっていましたが、今は比較的落ち着いた色の人が増えているように思えます。

女性のアイドルや声優さんがいきなり髪を染めると、ファンの方もそれに対して昔よりも否定的な意見といいますか、抵抗感といいますか、そういうものも昔より増えているような印象もあります。

黒髪信仰というのは決して年配者だけのものではなく、なにか世代ごとに波がありながら存在しているのかなとも思いました。

染めたらいいと思う

個人的には髪色を染めるという考え方について肯定派です。

髪色を明るくすると、自然と周りも明るく、気持ちも明るくなるものです。なにか自分の中でモヤモヤしている人がいるのであれば、思い切ってめっちゃ髪を明るくしてもいいと思ってます。

とはいえ、社会は一人で生きているわけではありません。対外的な見え方というのも存在しますので、髪を染めてはいけない、もしくは染めるべきではない職業やコミュニティがあってしかるべきでしょう。

広告