QUESTIONより:耳掃除は不要!耳掻き派、綿棒派とか言ってる場合じゃなかった話


広告

QUESTIONより

耳掃除のアイテムって耳かき派と綿棒派に分かれますが、どちらが多いと思いますか?私は綿棒派なんですが、彩雨さんは何派ですか?


耳かき派と綿棒派、たしかにどちらが多いのでしょうね。自分は昔から耳かき派です。

綿棒だと、なんだかすっきりしないし、奥の方にいっちゃってないのか不安になります。

正しい耳掃除

ちょっと気になったので調べてみましょう。正しい耳掃除についてです。

いろんな情報がありまして、なんとなくまとめるとこんな感じかなと思います。

まず、人間には二つのタイプがいます。

かさかさの耳垢の人、べたべたの耳垢の人です。

ちなみに彩雨さんは両耳で耳垢のタイプが異なるハイブリット種となっています。

一般的には外国人はべたべた、日本人はカサカサが多いなんて言われているようです。

ではタイプ別に説明しましょう。

まずべたべたタイプの人。湿性耳垢といいます。

こちらのタイプの方は綿棒で耳の入り口部分をさっと拭くのがいいようです。

頻度はなんと、1か月、もしくは2か月に1回です。毎日とかやってはいけません!

また、綿棒を耳の奥に入れるのは非常に危険なようで、気を付けましょう。

ではカサカサ対応の人。乾性耳垢といいます。

こちらは、耳掃除不要のようです。

ん?

そうです、耳掃除は必要ありません。

耳掃除はしなくていい

耳垢のタイプがどっちだとしても、耳掃除は基本的にしなくていいそうです。

耳垢は自然と体の外へでていきます。

また、耳垢自体が最近から耳を守る性質があるようです。

耳かきのしすぎて耳のけがや病気になることもあります。気を付けましょう。

耳鼻科の耳洗浄

とはいえ、耳の痒さであったり、聞こえにくさのようなもので耳垢が気になることもあるでしょう。

自分自身は病院で耳洗浄をしたことがないのですが、エンジニアさんは年に一度、耳洗浄をしているといっていました。

なるほど、耳が商売道具ですしね。

いつかどこかのタイミングで、耳鼻科で耳洗浄したいなと思っています。

自分でやりすぎないように、みなさんも気をつけましょう!

広告